Last-modified: 2016-11-03 (木) 12:50:59 (405d)

【第十雄洋丸事件】(だいじゅうゆうようまるじけん)

1974年11月9日、千葉県木更津沖の東京湾内で発生したLPGタンカー「第十雄洋丸」と鉱石船「パシフィック・アレス」との衝突・炎上事故。
この事故で、両船あわせて33名が死亡、7名が負傷した。

第十雄洋丸は、衝突の衝撃で積み荷のLPG(液化石油ガス)やナフサ(粗製ガソリン)に引火して大火災が発生し、海上保安庁などが消防艇を繰り出して消火に当たったが、同船は当時最大級のタンカーで、5万トン近い可燃物を積載していたため鎮火させることができなかった*1

第十雄洋丸の船主からも船体の処分を要望されたことから、当初は千葉県富津沖で座礁させ、そこで積み荷のナフサやLPGを燃やし尽くして沈める予定だったが、量があまりにも多すぎることと、沿岸の海苔養殖業者の抗議もあって太平洋へ再度曳航された。
しかし、曳航中に再度ナフサが爆発・炎上して曳航を断念、黒潮に乗って漂流を始めてしまった。
そこで、海保は防衛庁に船体の処分を依頼した。

これを受けて海上自衛隊自衛艦隊)に災害派遣出動が命ぜられ、水上艦艇*2航空機P-2J)・潜水艦*3による砲爆撃及び雷撃で撃沈させられた。


*1 この時、同船は炎上したまま横須賀市の沖合1,800mのところまで漂流しており、タグボートによる曳航に失敗した場合、さらなる二次災害が起きる恐れがあったという。
*2 参加したのは護衛艦はるな(DDH-141)?」・「もちづき(DD-166)?」・「たかつき(DD-164)?」・「ゆきかぜ(DD-102)?」。
*3 うずしお型潜水艦「なるしお(SS-569)」。また、予備としてあさしお型潜水艦「はるしお(SS-563)」も出動したが、出港直後に第十雄洋丸は沈没した。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS