Last-modified: 2014-09-21 (日) 07:00:39 (1124d)

【代理戦争】(だいりせんそう)

元々の戦争当事国ではない国家が何らかの理由で*1新たに参戦する戦争。
その性質上、新たな参戦国は戦争当事国のいずれかと軍事的協力関係を構築しなければならない。

一般には冷戦時代にアメリカ・ソビエトが介入した戦争を指すが、軍事史を紐解けば珍しい事例ではない。
他国からの介入が無意味である場合*2を除く全ての戦争は、常に他国の介入によって代理戦争になる可能性を持つ。

現地の国家から見れば、新たな同盟国の資本で兵站の経済負担を軽減する効果が期待できる。

およそどのような国家でも、自国領内での国家総力戦が1年続けば財政が破綻するという。
従って、紛争の早期決着に失敗した小国は代理戦争のリスクを承知の上でも同盟国を探す必要性が生じる。

新たな参戦国は、失われる人命の多くと、戦禍による国土荒廃のほぼ全てを同盟国に負担させる効果を期待できる。

もちろんこの恩恵は「そもそも戦争しないなら負担しなくて良い」性質のものである。
従って、代理戦争は近い将来に予想される全面戦争に備えた戦略の一部である事が多い。


*1 外交的得点、通商路の確保、安全保障、思想や宗教上の要請など。
*2 例えば日本の戦国時代。
  日本列島で起きていた事変は海外のあらゆる通商路や安全保障と無関係な出来事であった。
  よって海外のどの国も日本列島に介入する意義を感じていなかったのである。


トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS