Last-modified: 2022-08-13 (土) 09:29:50 (43d)

【帯広空港】(おびひろくうこう)

北海道帯広市に所在する特定地方管理空港愛称は「とかち帯広空港」。
滑走路施設を以下の公的機関と共用する飛行場である。

  • 航空大学校帯広分校
  • 北海道警察航空隊帯広分遣隊(「だいせつ1号」AW139が常駐)

本空港の歴史は、第二次世界大戦前の1937年、現在の陸上自衛隊帯広駐屯地の場所に旧日本陸軍が設置した「緑ヶ丘飛行場」に始まる。
終戦後しばらくは放置されていたが、1956年に陸上自衛隊が「帯広駐屯地」として使用を開始し、1964年に第三種空港として民間利用が開始された。
1971年には航空大学校の帯広分校が開校して訓練用飛行場としても用いられてきたが、帯広市街地に近いことによる騒音問題や自衛隊施設との兼ね合いで滑走路の延伸が困難なことから、1981年に現在地に移転*1
同時に「第二種空港」に改められ、滑走路も2000mに延長してジェット機の利用を可能にした。

2020年には「北海道エアポート」社*2に施設の運営が委譲され、民営化された。

空港情報

種別特定地方管理空港(旧第二種空港
滑走路2,500m×45m(17/35)
ILSカテゴリー
3レターコードOBO
4レターコードRJCB
設置・管理者北海道エアポート(施設の管理)
帯広市(土地の管理)


就航路線

航空会社就航地
日本航空(JAL)東京/羽田名古屋/中部(季節運航)
全日本空輸(ANA)東京/羽田(ADO運航)
AIRDO(ADO)東京/羽田



*1 なお、旧空港の敷地は飛行場機能が残されて軍用の「十勝飛行場」となり、陸上自衛隊第5師団→第5旅団の隷下部隊が利用している。
*2 新千歳空港を筆頭とする道内主要7空港の運営を行う民間会社。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS