Last-modified: 2021-03-27 (土) 07:06:05 (179d)

【早期警戒機】(そうきけいかいき)

Airborne Early Warning(AEW).

大出力の大型レーダーを搭載し、広範囲の索敵を行う偵察機
編隊へのC3I機能を兼ねる事が多く、AWACSとの境界は曖昧である。

高高度から下方を見下ろすため、地上からでは地平線・水平線に阻まれて届かない場所も走査できる。
このため、地形の制約を受ける地上施設・艦艇よりも有効索敵範囲は広い。
事実上、軍隊が索敵に使用できるものとしては最も高性能なレーダー機器である。

低速での長時間滞空が要求されるため、機体そのものの設計は輸送機旅客機)や爆撃機をベースとする事が多い。

レーダーを含む内部機器は最先端軍事技術の塊であり、重要な軍事機密とされる。

関連:早期警戒管制機 AWACS

awacsn1.jpg

航空自衛隊E-2CE-767

主な機体


添付ファイル: fileawacsn1.jpg 1349件 [詳細]

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS