Last-modified: 2016-02-02 (火) 18:35:33 (628d)

【操縦桿】(そうじゅうかん)

主に航空機の操縦に用いられる舵の一種。
補助翼昇降舵に接続されており、機体のロールピッチ?を制御する。
また、機関銃ミサイルの発射トリガーとなるスイッチ類を内蔵している場合もある。

典型的にはコックピットで操縦席の足の間から棒が伸びている。

操縦輪に比べて精密な制御が困難*1な反面、機敏な操作が可能である。
このため、主に空戦を想定して戦闘機などに採用される。
近年ではフライバイワイヤーによる補助を期待して、大型機でも操縦桿を採用する機種が少なくない。

関連:サイドスティック サイクリック


*1 人間工学的に見て、自在に動く可動範囲内のどこか一点に留めておく、という操作が難しい構造になっている。
  特に緊急事態では、可動域の限界まで勢いよく押し込んでしまう事が多い。


トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS