Last-modified: 2017-01-22 (日) 17:30:22 (91d)

【狙撃手】(そげきしゅ)

Sniper.

標的を遠距離から狙撃して殺傷行為を行う専門職。

一般的には、警察が人質籠城事件などの緊急時に人質の命を救うために「一発で確実に犯人を射殺する」職務として知られる。
この種の任務の場合、状況を観察して指示を送る観測手と、実際に射撃する射手の二人一組で行動する*1

軍隊では、一部の歩兵特殊部隊の活動の一環としてこのような訓練を受けている。
実際のところ、狙撃する機会を戦場で確保するのは困難で、狙撃が必要な場面の多くは突発的である。
狙撃だけで専門職とする事は少なく、偵察ゲリラ戦を行う兵が必要に応じて狙撃手を兼任する事が多い。

狙撃銃有効射程圏内に入る前に存在を知られると間接砲撃で殺されてしまう公算が高い。
かといって、近すぎれば当然ながら敵の反撃で射殺される危険性がある。
狙撃は、それが有効な時は極めて有効な一方、実行困難な時はとことん困難を極める。

要人を暗殺する手段として狙撃を行うイメージも強いが、これは単なる計画殺人である。
戦場で将校、官僚、伝令などを射殺する場合を除き、訓練された狙撃手が暗殺に関与する事はほとんどない*2

その性質上、射撃の訓練は極めて重要であり、百発百中を見込めなければ狙撃手になれない*3
しかし実務では、狙撃位置の確保や敵の行動予測、偽装や隠密行動のカモフラージュなどが重視される。
敵が狙撃手の存在を予想している場合に狙撃できる状況が訪れる確率はあまり高くない。
軍事的見識のない犯罪者を相手取る場合でさえ、逃走経路次第では撃つ機会がない場合もある。

また、戦場で一人の狙撃手が遭遇する敵の全てを射殺するのは困難である*4
狙撃を終えたら追跡を振り切って撤退する必要があり、居場所が発覚する事は許されない。
狙撃手は憎悪されやすく、交戦後の降伏が拒否されて略式の処刑に処される危険性が高い。

敵の歩兵は味方を殺したかもしれないが、殺していないかもしれない。
仮に殺したのが明白でも、それは敵の上官に命令されたからであって自分の意志ではない。
しかし狙撃手は交戦中に誰を殺したかがほぼ常に明白である上に、常に自分の判断で撃っている。

関連:小銃 狙撃銃


*1 セルビア紛争では狙撃手・機関銃手・自動小銃射手の三人編成が組まれていた事がある。
  これは、狙撃班自体が攻撃を受ける危険性を考慮したもので、即応が難しい狙撃手の安全を他二名で確保する。

*2 治安の保たれた市街地で殺人事件を起こした場合、その狙撃手が警察の捜査を振り切るのは事実上不可能である。
*3 夜間に標的がくわえていたタバコの火だけを頼りに頭部を撃ち抜けるくらいの技量は要求される。
*4 そもそも携行した弾数より敵の人数の方が多い場合も珍しくない。
  敵に発見されるまでの所要時間を考えると、必中の狙撃を100発も撃ち続けるのは不可能に近い。


トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS