Last-modified: 2020-10-10 (土) 13:38:21 (51d)

【戦車駆逐車】(せんしゃくちくしゃ)

Tankdestroyer(タンクデストロイヤー)(英)
Jagdpanzer(ヤクトパンツァー)(独)

戦車を撃破する事を目的とする装甲車両。「対戦車車両」「対戦車自走砲」とも。
第二次世界大戦期に多く製作・運用されたが、現在ではほぼ見られなくなっている。

実態を言えば、戦車駆逐車は型落ちして役に立たなくなった旧式戦車を再利用するための苦肉の策であった。
国家総力戦の最中に高価な戦車用途廃棄にする余裕などあるはずもなく、使えるものは無理にでも使い続けるしかなかった。
このため、旧式戦車主砲を換装するなど改装を施し、必要最低限の戦力を確保して戦場に送り返したものである。

無論、元が旧式なので装甲機動力ともに新世代の戦車に比べれば明らかに見劣りする代物だった。
よって必然的に待ち伏せが多用され、敵戦車から反撃を受ける前に撤退するゲリラ的な運用が主であった。
しかし火力だけは戦車に互するものであり、最新の戦車を確保できないような逼迫した前線では大いに活用された。

このとき、どのような改装を施すかという設計思想は各国で異なっていた。
ドイツでは比較的に装甲など生存性を重視し、砲塔を撤去するなど戦闘時の機動力を犠牲にする傾向にあった。
逆にアメリカでは装甲を犠牲にして軽量化し、使い勝手と機動力を重視する傾向にあった。
これは前線が次第に連合国有利に傾いていき、アメリカが攻勢に、ドイツが防戦に傾いていった戦況を反映するものとされる。

戦後は国家総力戦体制の影響で混乱状態にあった兵站が整理統合され、戦車駆逐車は新造の主力戦車に事後を託して姿を消していった。
今日では対戦車ミサイルの発達により、ほぼ全ての軍用車両が必要とあらば一切の改装なく戦車駆逐車として運用可能になっている。
このため、戦車駆逐車を新規に開発・生産・配備することは現代ではほぼ無意味なこととなっている。

関連:Strv.103 60式自走無反動砲 61式戦車 74式戦車 16式機動戦闘車

主な種類

第二次世界大戦

  • アメリカ
    • M3 GMC
    • M6 GMC「ファーゴ」
    • M10 GMC
    • M18 GMC「ヘルキャット」
    • M36 GMC「ジャクソン」
    • T95駆逐戦車

  • ソビエト連邦
    • SU-152
    • SU-85
    • SU-100
    • ISU-122
    • ISU-152

  • イギリス
    • A20D チャーチルMk.
    • アキリーズ(M10 GMC)
    • チャレンジャー巡航戦車
      • A30「アヴェンジャー」
    • シャーマンC/C ファイアフライ
    • A39「トータス」重突撃戦車
    • FV4101「クロムウェル(チャリオティア)」重対戦車砲
    • ディーコン
    • アーチャー

  • ドイツ国
    • 宜翅仞鐚崋走砲?
    • ナースホルン?
    • マルダー//?
    • 傾翔遊睨?
    • 弦翔遊睨?
    • 弦羔鄰狎鐚?
    • 38式駆逐戦車「ヘッツァー」?
    • エレファント?
    • ヤークトパンター
    • ヤークトティーガー?
  • 日本
    • 三式砲戦車
    • 試製五式砲戦車(試製新砲戦車(甲))
    • ジロ車
    • 四式十五糎自走砲「ホロ」
    • 三式砲戦車「ホニ掘
    • 一式七糎半自走砲「ホニ機
    • 一式十糎自走砲「ホニ供

  • イタリア
    • セモヴェンテ da 75/46

  • ルーマニア
    • マレシャル駆逐戦車
    • TACAM R-2(ソ連から鹵獲したM1942 76mm師団砲(ZiS-3)をR-2*1に組み合わせたもの)
    • TACAM T-60(ソ連から鹵獲したT-60?軽戦車とM1936 76mm師団砲を組み合わせたもの)

第二次世界大戦


*1 チェコスロヴァキア製のLT-35軽戦車のルーマニア向け輸出型。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS