Last-modified: 2016-03-02 (水) 12:26:29 (387d)

【正規空母】(せいきくうぼ)

  1. 艦隊決戦ないし攻勢対航空作戦を想定して設計・建造された航空母艦
    明確な基準は無いが、CTOL機を運用し、飛行甲板を持つ事を必須とする。
    滑走のスペースとペイロードの関係で大型化が必須で、排水量は概ね数万トン以上。

    搭載機数は型によって大きく異なる。
    旧日本海軍大鳳?信濃やイギリス海軍のイラストリアス?級などは装甲防御を重視し、艦載機は40機程度に留まっていた。
    一方でアメリカ海軍エセックス級、ミッドウェイ級などは火力に特化して100機以上を搭載する。

    第二次世界大戦においてその運用思想の有効性を証明し、大艦巨砲主義を過去のものとした。
    しかし、戦後になると艦載機の技術進歩に伴う金の壁を打ち破れず、徐々に廃れていった。

    現代では海軍戦略の中核からは外れ*1、国威発揚など政治的色彩が強くなっているのが現状である。
    とはいえ、単艦戦力としてはまさに圧倒的であり、抑止力としては今なお強烈な存在感を保っている。

    関連:大型空母 軽空母 V/STOL空母 攻撃空母 対潜空母 スーパーキャリアー

  2. 旧日本海軍においては船体の規模によらず、(改造ではなく)起工時から空母として建造されたものを指した。
    このため、鳳翔?のような(排水量で見れば軽空母に分類される)小さな艦が正規空母とされた一方、赤城信濃*2のように巨大な艦も単なる「航空母艦」に分類されていた。

*1 事実、複数の正規空母を保有・運用できる海軍自体がアメリカ以外にない。
*2 いずれも未完成の超ド級戦艦巡洋戦艦から改造されたものであった。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS