Last-modified: 2019-02-21 (木) 18:54:12 (1d)

【政府専用機】(せいふせんようき)

政府が、要人・賓客の輸送のために特に用意する旅客機
一般のビジネス機を転用したものからB747B777のような大型旅客機を改装したものまで、国情やその国の財政状況などにより千差万別である。

かつては「世界中のあらゆる地点に到達可能なように」と、大型の旅客機を用いるケースが多かったが、現在ではETOPSの改善により、B737A320クラスの小型機でも太平洋・大西洋横断が可能になったことや、大型機の運用可能な空港飛行場が制限されてしまう問題*1などもあり、小型化が進んでいる。

また、国によっては政府中枢のバックアップ機能(暗号通信システムや空中給油の受油装置など)を備えた機体もある。

管理形態も千差万別で、政府が直接保有・運用する国と(輸送機の一種として)軍隊(特に空軍)が運用する国、(フラッグキャリアとされた)民間航空会社に委託する国とがある。

各国の政府専用機

国名機種管理・運用者備考
アメリカ合衆国VC-25空軍通称「エアフォースワン*2」。
第18空軍隷下・第89空輸航空団大統領空輸群所属。
C-32A「エアフォースツー」として、
副大統領や大統領夫人などが利用することがある。
E-4B*3*4
VH-3D海兵隊通称「マリーンワン」。
国内での短距離移動に用いる機体。
VH-60N通称「マリーンワン」。
主に大統領の海外訪問時に用いられる機体。
VH-92VH-3Dの老朽代替として導入予定。
日本国B747-47C航空自衛隊所属は航空支援集団隷下・特別航空輸送隊第701飛行隊(千歳基地)。
運航支援は日本航空。2019年退役予定。
B777-3SBER運航支援は全日本空輸(予定)。
B747-47Cに代わって、2019年から就役予定。
EC-225LP陸上自衛隊近距離移動に用いられる機体。
陸上総隊隷下・第1ヘリコプター団所属。
英国BAe146空軍王室専用機
A330 MRTT
アイルランドガルフストリーム空軍
A330エア・リンガス
フランスA330-200空軍元エア・カライベス社の機体。
ファルコン7X
ファルコン900
カナダCC-150空軍第437輸送飛行隊が運用。
スペインA310-300空軍
ファルコン900
ドイツA340-300空軍ルフトハンザドイツ航空の機体。
A319CJ
ボンバルディア・グローバルエクスプレス
イタリアVC-319A空軍
ファルコン900
ファルコン50
A340-500元エディハド航空の機体。
ポーランドエンブラエル175LR空軍LOTポーランド航空からのリース機。
ウクライナA319CJ政府オーストリアのジェットアライアンスからのリース機。
チェコA319CJ空軍
チャレンジャー600
Yak-40
Mi-8
スロバキアTu-154M内務省航空団
Yak-40
スイスファルコン50空軍
セスナ・サイテーション
オランダフォッカー70政府
ギリシャガルフストリーム政府
スウェーデンガルフストリーム空軍
カザフスタンA330-200政府
B737-700BBJ
A321
Tu-154
ロシアIl-96-300ロシア航空
スホーイ・スーパージェット不明
Tu-204
オーストラリアB737-700BBJ空軍第34飛行隊で運用。
チャレンジャー604
ニュージーランドB757-200空軍第40飛行隊で運用。
マレーシアB737-700BBJ空軍
A330マレーシア航空
中華民国
(台湾)
B737-800空軍台北松山基地に所属。
B747-400チャイナエアラインカリブ海諸国への長距離移動時や国家承認がない国家に乗り入れる場合に使用。
特別塗装の「Dreamliner」(機体記号:B-18210)が充てられることが多い。
B747-400エバー航空カリブ海諸国への長距離移動時や国家承認がない国家に乗り入れる場合に使用。
中華人民共和国B747-400中国国際航空国家主席や国務院総理(首相)などの外遊時に使用。
A330-200
B737-300空軍
B737-700
ブルネイB747-400政府
B767-200ER
A340-200
タイA310空軍
A319CJ
インドネシアB737-800BBJ空軍
カンボジアA320-200政府元中国南方航空の機体。
大韓民国B747-400大韓航空
朝鮮民主主義人民共和国Il-62高麗航空愛称は「チャムメ*51号/2号」
インドB747エア・インディア
B737空軍
UAEB747-400ドバイ・エアウィングドバイ首長国の機体。
BAe アブロRJ
B777-300ER不明アブダビ首長国の機体。
B737BBJ
B787-9機体番号:A6-PFE
カタールA340-200カタール・アミリ・フライト*6
A310
B747-8
クウェートB747-8クウェート航空
A340-500
B737-900ER
サウジアラビアA340-200サウジアラビアロイヤルフライト
B747-300
MD-90
MD-11
ガルフストリーム
オマーンA320-200ロイヤル・フライト・オブ・オマーン
B747-400
B747SP
ガルフストリーム
バーレーンB747SPバーレーン王室航空
B747-400
B727-200
イエメンB747SP不明
トルコA330-200トルコ航空
イランA321政府
A340-200
B737-200
ヨルダンガルフストリームG650政府
ガボンB777-200政府
エジプトA340-200政府
南アフリカボンバルディアBD-700空軍
ナイジェリアB737-700BBJ空軍
ガンビアIl-62M空軍モスボール中との情報あり。
B727
ボンバルディア・チャレンジャー
スワジランドMD-87政府日本エアシステム→日本航空の機体*7
ブルキナファソB727-200政府
コートジボワールガルフストリーム政府
ジブチB767-200ER政府
ブラジルVC-1A空軍公式愛称は「サントス・デュモン」。
大統領搭乗時には「フォルサ・アエリア・ワン」のコールサインが用いられる。
エンブラエル190
メキシコB757-200空軍
ガルフストリーム
リアジェット
コロンビアB737-700BBJ政府
フォッカーF28
チリB737-500空軍
アルゼンチンB757-200空軍「タンゴ01」のコールサインがある。
キューバIl-96-300クバーナ航空
Il-62
エルサルバドルホーカー400政府
ベル412



*1 たとえば、B747クラスの大型機を採用した場合、離着陸するには2500〜3000m級の滑走路が必要になる。
*2 正確には大統領搭乗時に使用するコールサイン
*3 本項の「政府専用機」の定義からは外れるが、非常事態の際に大統領が乗り込み、全軍を指揮するための機体であるため、ここに付記する。
*4 所属は第12空軍・第55航空団。
*5 オオタカの意。
*6 カタール空軍の隷下組織。
*7 日本時代の機体記号はJA8372。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS