Last-modified: 2015-12-13 (日) 17:55:54 (560d)

【成層圏プラットフォーム】(せいそうけんぷらっとふぉーむ)

高度20km〜40km付近の成層圏で定点に留まるためのプラットフォーム
人工衛星の代替技術であり、輸送・カメラ・通信機能が低コストで利用できるものと期待されている。

現在各国・各社で研究が進められているが、未だ研究途上の技術であるため十分な運用実績はない。
太陽電池のコストや定点に留まる能力など、まだまだ課題は多い。

現在までの運用実績はNASA成層圏飛行に成功した2機のソーラープレーン?のみ*1

実用化に向けての課題。

成層圏プラットフォームに求められる特性は以下の通り。

  • 安価な調達コスト
  • 維持費を必要としない事
  • 環境負荷や墜落対策についての十分な安全性
  • 数ヶ月以上にわたって成層圏で定点に滞空し続ける能力
  • 必要な機材を搭載可能なペイロード

この条件を踏まえた上で、候補に上がるのは「ソーラープレーン?」「大型飛行船」「ジェット機」である。
ジェット機はペイロードに優れるがコストと滞空時間に難がある。
ソーラープレーン?は安価で長寿命だが、ペイロードが非常に低い。

このため、現在は大型飛行船が有望視されている。
成層圏は風も温度変化もほとんど無く飛行船に適している事も無視できない。
また、万が一事故が起こっても急激に墜落しない点も大きな利点である。

全長150〜250m、1トン以上のペイロード電池*2から動力を得る無人飛行船が計画されている。

http://www4.plala.or.jp/klesa108/diary/aero2000/asmoplat.jpg
飛行船型成層圏プラットフォームの構想模型


*1 「Pathfinder Plus」と「Helios」。米Aero Vironment社との共同開発。いずれも搭載量は100kgに満たない。
*2 太陽電池?燃料電池、おそらくはそれらの複合による。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS