Last-modified: 2016-10-19 (水) 21:21:30 (155d)

【制海艦】(せいかいかん)

Sea Control Ship(SCS).

1960〜1970年代、アメリカ海軍が研究していた航空母艦の一種。

コスト面で正規空母の投入に見合わない低強度紛争で、限定的な制海権を獲得するための艦として計画された。
従来の軽空母護衛空母の後継とする事を見込み、対潜掃討・船団護衛・海岸堡への近接航空支援を主任務とし、艦載機としてはSTOVL機やヘリコプターを主力とする事とされた。

アメリカでは研究・実験のみに留まり、最終的には強襲揚陸艦に統合された。
しかし、正規空母の保有を諦めた諸国*1海軍航空母艦を持つには最適な形とされており、その設計思想を取り入れた艦も実際に建造されている。


*1 アメリカ・ロシア・中国・フランス・ブラジル以外で海軍を持つ国家全てが該当する。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS