Last-modified: 2017-08-09 (水) 21:20:28 (13d)

【水陸機動団】(すいりくきどうだん)

JGSDF Amphibious Rapid Deployment Brigade.

陸上自衛隊25大綱に基づき、2018年度末に新編するとされる島嶼戦専門の「」級戦略部隊。
日本国における海兵隊にあたる部隊*1とされ、陸上総隊直轄部隊として、現在の西部方面普通科連隊及び第4師団第8師団の一部など、西部方面隊隷下部隊を基に3,000名規模の編制*2とされる予定である。

現在は西部方面隊隷下に「準備隊(長崎県・相浦駐屯地所在)」及び教育隊が編成されている。

編制(予定)

予定されている編制は概ね次の通り。

本団編成にあたっては、今後存在価値が低下するであろう第1空挺団の人員も充てるべき*4との声もある。


*1 旧軍の部隊では、陸軍の「海上機動旅団」、海軍の「特別陸戦隊」がこれに近しいと思われる。
*2 この兵員数は、列国の陸軍の「増強独立連隊」規模に近しい。
*3 西部方面特科隊第112特科大隊を母体に第8師団第8特科連隊の余剰人員を転用する予定。
*4 空挺作戦能力を継承させれば問題ないと考えられる。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS