Last-modified: 2019-12-07 (土) 18:39:13 (52d)

【水中翼船】(すいちゅうよくせん)

Hydrofoil(ハイドロフォイル).

船艇の一種で、船底に水中翼(フィン)を備えるもの。

低速航行中は船体の浮力で水面に浮き、通常の船艇と同様に艇走(ハルボーン)する。
速度が上がると水中翼が揚力を発生させ、船体が水面から飛び上がって翼走(フォイルボーン)に移行する。
翼走時は船底の大部分が水上に浮上するため、水の抗力が小さく、容易に高速航行を可能とする。

小さな船体の割に高い安定性を持つため、軍用としては沿岸警備する小型高速の砲艇として用いられる。
民間分野では、比較的短距離の定期航路を短時間で往復する小型客船として用いられる。

なお、パワーボートやヨットなどの競技用船艇の多くは、水中翼船で公式競技に出場する事が禁止されている。

関連:表面効果翼機

機構・原理

水中翼船は大まかに分けて2世代に分かれ、第一世代の半没型・第二世代の全没型に分類される。

半没型

初期の水中翼船は水中翼の両端に大きな上反角を備え、水面から翼端がはみ出していた。

船体がロールして傾くと翼端の左右どちらかが水中に沈んで揚力を発生させ、転覆を防ぐ。
しかし明確な傾きが生じるまで復元力が働かないため、大きな揺動が発生して乗り心地が悪かった。

また、翼自体が船体そのものよりも横に幅広くなるため、港湾に接舷できないという欠点もあった。
乗員・貨物の積み卸しにはボーディングブリッジや連絡艇を必要としていた。

全没型

電子制御の発達と共に、固定された上反角を必要としない水中翼が登場した。
舵も持たない構造である場合が多く、進路変更はロールや推力偏向によって行われる。

それら全没型の水中翼は動翼を備え、微細な傾斜や波を検知して自動的に制動を行う。
人間にはほとんど認識できない微細な変化にも反応するため、揺動が少なく乗り心地も良い。

この機構によって水中翼の小型化も為されており、通常の港湾に接舷できるようになった。
反面、船体が小型化した事で波長の長い三角波に弱くなっており、外洋航行には不向き。

加えて、動翼などの制御を行うACS(Automatic Control System)システムは高度なサイバネティックスの所産であり、高価である。
また、制御時の動力伝達に油圧ポンプを用いるため、頻繁なメンテナンスを必要とする。

主な水中翼船

民間

  • ボーイング929
    • 川崎ジェットフォイル929-117(川崎重工業でのライセンス生産
    • PS-30-101(上海新南船廠公司(現:中国船舶工業集団公司)でのライセンス生産)
  • 三菱スーパーシャトル400
  • Foilcat(水中翼双胴船。クバーナー・ヘルストランド社製)
  • 金星(半没型水中翼船。引退後、呉市海事歴史科学館で屋外展示されるが、老朽化により解体。)
  • 疾風(全没型水中翼船(テクノスーパーライナー?実験船)。実験終了後神戸海洋博物館で展示。)

軍用


トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS