Last-modified: 2017-09-30 (土) 23:12:53 (53d)

【水上機】(すいじょうき)

Water plane / Seaplane
広義には、海や湖などの水上で離着水が可能な航空機の総称*1

一般にはランディングギアのかわりにフロートを装備した飛行機を指す。
陸上機に最低限の改造を施すことで離着水能力を付与することのできるメリットがある。
反面ランディングギアに比べ重量が大きく、また機内へ引き込むことは出来なくなるので抗力も増加し、飛行性能は大幅に低下する。
またフロートの浮力には限界があるので、あまり大きな機体は着水時に支えることが出来ない。
大型の機体を離着水させるには飛行艇が必要になる。

ヘリコプターのない時代には、全通甲板を持てない艦艇艦載機として多用された。
ただし水上機は波の少ない穏やかな水面でないと着水できないため、沖に着水するには母艦が旋回して波を打ち消す手間があった。
そして着水した水上機を収容するには母艦を停泊させる必要があるうえ、クレーンで釣り上げるのに時間がかかるため、実戦での運用には大きな制約があった。

現在は、飛行場を建設できない離島への連絡機などとして用いられる程度である。

関連:水上機母艦? 水上戦闘機 げたばき 航空戦艦 航空巡洋艦


*1 この場合は飛行艇を含む。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS