Last-modified: 2015-03-29 (日) 09:27:38 (822d)

【信濃】(しなの)

大日本帝国海軍・超大型空母「信濃」。
大東亜戦争後期、建造中の戦艦から空母に改造された艦である。

当初、本艦は「大和」級超ド級戦艦の3番艦として横須賀海軍工廠で建造が進められていた。
しかし、建造途中の1942年、ミッドウェー海戦連合艦隊の擁する空母機動部隊が壊滅的な被害を蒙り、その補充が急務となった。
このため、本艦は戦艦としての建造が中止され、空母に設計変更されて建造が続けられた。

同様に、改「鈴谷」級大型重巡洋艦として建造されていた「伊吹?」も空母に設計変更され*1、また、大正初期に建造された旧式戦艦「伊勢」「日向」も空母へ改装されることになったが、こちらは予算と費用の兼ね合いから完全な空母にはできず、戦艦としての水上砲戦能力を一部残した航空戦艦として就役した。

(空母としての)本艦の設計・建造に当たっては、他の空母とは異なるコンセプトが採用された。
敵の機動部隊アウトレンジするため、本艦は機動部隊の前方海面に進出し、後方の空母から発進してきた艦載機を一旦収容し、燃料・弾薬の補充を行って敵へ向かわせる、という運用法が考えられた。
このため、当初は自前の攻撃機を搭載せず、直衛の戦闘機のみを搭載することとされ、また、予想される敵攻撃隊の攻撃に対処するため、飛行甲板にも装甲が施されていた。

このことで公試排水量が68,000トンになったことから、後年「世界初のスーパーキャリアー*2であった」という説も生まれたが、本来のスーパーキャリアーとは運用思想が根底から異なるため一般的ではない。

空母としての改装工事は1944年秋までかかり、1944年11月に竣工した。
しかし、戦局の急速な悪化に呼応して建造が急がれ、必要な工事の大半が省略された形で竣工とされたため、呉に回航して残りの工事を行うこととなり、工廠の工員も乗せたまま処女航海に出た。
その途上、本艦は紀伊半島沖合で米バラオ級潜水艦「アーチャー・フィッシュ(SS-311)」の雷撃により、魚雷4本が命中して横転・沈没、竣工からわずか10日という短すぎる生涯を閉じた。

スペックデータ

種別航空母艦
主造船所横須賀海軍工廠
起工1940.5.4
進水1944.10.8
就役1944.11.19
除籍1945.8.31(1944.11.29沈没)
排水量
公試/基準/満載
68,060t/62,000t/71,890t
全長266.1m
飛行甲板256m
全幅40m
水線長36.3m
喫水10.31m
主缶ロ号艦本式罐・重油焚×12基
主機艦本式オールギヤードタービン×8基4軸推進(出力153,000hp)
燃料搭載量重油9,000t
最大速
(計画値)
27ノット
航続距離10,000海里/18ノット
乗員士官、兵員2,400名
兵装12.7cm連装高角砲×8基16門
25mm機銃×3連装37基・単装40基
28連装12cm噴進砲×12基
搭載機常用45機(烈風流星?彩雲?)+補用9機*3
設備昇降機×2基



*1 しかし、工事が80%程度進捗したところで中止となり、そのまま終戦を迎えた。
*2 「68,000トン」を国際標準のメートルトンと解釈し、これを米トンに換算すると「約75,000米トン」に相当する、として。
*3 総数75機という説もある。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS