Last-modified: 2022-11-09 (水) 07:27:31 (200d)

【上昇限度】(じょうしょうげんど)

航空機が自己の性能のみで到達する事ができる限界の高度

航空機重力に逆らうために大気との衝突による揚力を必要としている。
そして地球上では一般に高度が高くなるほど気圧が低下し、最終的には真空の宇宙になる。
気圧が低下すると同じ対気速度で得られる揚力が減少し、内燃機関への酸素供給が滞って推力自体も低下する。
従って、高高度ほど上昇に必要なエネルギーが多くなり、上昇限度に達するとそれ以上の上昇ができなくなる。

酸化剤を貯蔵したロケットエンジンを使い、推力だけで上昇する場合、上昇限度は単に航続距離の問題になる。
とはいえ、大気圏内を飛んでいる限りは揚力や吸気を利用した方が明らかに経済的である。

関連:ズーム上昇

類義語

絶対上昇限度
理論上の上昇限度。数学で言う「極限値」であり、実際に到達するためには無限の時間が必要になる。
実用上昇限度
30m上昇するのに1分かかる高度。これ以上の上昇は現実的でない。
運用高度限界
90m上昇するのに1分かかる高度。通常はこれ以上の上昇を試みるべきでない。
軍用機作戦上の制約(敵防空網有効射程など)のため運用高度限界を超えた上昇を強いられる事もある。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS