Last-modified: 2017-08-12 (土) 22:35:37 (38d)

【少将】(しょうしょう)

Major General/General de brigade(OF-7)*1陸軍及び空軍)/Rear Admiral(upper half)/Contre-Amiral(OF-7)(海軍).

軍隊における階級の一つで、将官に区分され、中将の下、大佐?准将もしくは代将の上に位置する。
NATOが定めた階級符号では、概ね「OF-7」に相当する。

「現在」のフランス軍では、General de divsion(陸軍)/Vice-amiral(海軍)/General de division aerienne(空軍)と呼称している。
ただし、少将相当官となるのは第二次世界大戦後のことで、それまでは中将に相当した。

また、伝統的に「軍人の最高位」とされ、中将大将は役職に応じて付随する「地位」とされる。
なお、陸軍の中将・大将が現在の様な階級呼称になるのは1936年以降である。*2

この様に、少将を公式の最高位とする例にアメリカ軍がある。

少将の階級に補せられた軍人は、軍種に応じ、主に以下のような配置を勤めるが、例外も多々ある。

陸軍
師団長(准将の階級がない陸軍では旅団長)、陸軍省の各局長など
海軍
小規模な艦隊の司令官、次等のタイプ部隊、戦隊、または軍港の司令官、海軍省の各局長など
空軍
次等の航空軍の司令官、航空師団長(准将の階級のない空軍では航空団司令官)、空軍省の各局長など

アメリカ海軍やイタリア海軍の様に上級と下級に分け、下級少将を准将相当官としたり、フランス海軍の様に少将そのものを准将相当官とする例も見受けられる。

日本における「少将」

大日本帝国陸軍または海軍での少将は、大日本帝国の官僚制度で「勅任官」とされていた。
陸軍では主に旅団長などに、海軍では主に戦隊司令官などに充てられていた。*3
但し、第二次世界大戦末期には、佐官から戦時昇進した若手を登用する意味から少将で師団長に就任した者がいた。

その後の自衛隊においては、「陸海空将補」がこれに相当する。


*1 国によっては准将を意味する場合があるので、少将を意味するときは,語尾に国名ないし階級符号を付記する等の配慮が必要である。
*2 それ以前の呼称は、中将は「General de division commandant un cops d'armee」、大将は「General de divison commandant une armee」(第一次世界戦中かどうかは不明)である。
*3 陸軍次官、参謀次長、海軍次官、軍令部次長にも充てられていた。(この場合、高等官一等の待遇である。) 

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS