Last-modified: 2017-03-08 (水) 20:20:18 (50d)

【巡洋戦艦】(じゅんようせんかん)

Battle Cruiser.

かつて存在した水上艦の一種で、装甲巡洋艦より発展した巡洋艦並みの速度性能と、戦艦級の艦載砲を兼ね備えた艦種。
日本語の研究史の文脈では「巡洋戦艦」と訳出されるが、「戦闘巡洋艦」と表記した方が本質に近いという主張もある。
これは機能の本質を「巡航できる戦艦」と見るか「戦闘的な巡洋艦」と見るかという観点の差異であり、定説はない。
艦種記号はイギリス海軍はBC、アメリカ海軍ではCCと異なる*1

分類上戦艦巡洋艦の中間に位置するが、運用上は巡洋艦に近い。
つまり、あくまで「戦艦級の主砲を乗せた巡洋艦」であって、「巡洋艦並に高速の戦艦」ではない。
実際、当初の設計思想は巡洋艦を排除しつつ通商破壊戦を行う事を目的としており、同種艦以上の交戦は想定されていなかった。

装甲防御の水準は巡洋艦の域を出ず、同種艦以上との直接交戦には耐えられない脆弱さを抱えていた。
第一次世界大戦以降は巡洋戦艦も装甲強化が図られたが、結局、戦艦主砲に耐え得る生存性を得る事はできなかった。
にも関わらず、巨大な機関部を必要とする性質のために下手な戦艦よりも価格高騰・大型化する傾向さえあった。
生存性さえ度外視すれば戦艦と同等以上に戦えるように見えなくもなかったため、大規模な砲戦に投入される事は不可避であった。

結局のところ設計思想そのものに錯誤があったと言わざるを得ず、1930年代には主要海軍国の兵器開発史から姿を消している。

代表的な艦(カッコ内は完成年と隻数)

  • 英国
    • インヴィンシブル級(1909年、3隻)
      • インヴィンシブル、インフレキシブル、インドミダブル
    • インディファティガブル級(1911年・3隻)
      • インディファティガブル、オーストラリア、ニュージーランド
    • ライオン級(1912年・3隻)
      • ライオン、プリンセス・ロイアル、クイーン・メリー
    • タイガー(1914年・1隻)
    • レナウン級(1916年・2隻)
      • レナウン、レパルス
    • フッド(1920年・1隻)

  • ドイツ*2
    • フォン・デア・タン(1910年・1隻)
    • モルトケ級(1911年・2隻)
      • モルトケ、ゲーベン*4
    • ザイドリッツ(1913年・1隻)
    • デアフリンガー級(1914年・3隻)
      • デアフリンガー、リュッツオウ、ヒンデンブルク
    • シャルンホルスト級(1938年・2隻)
      • シャルンホルスト、グナイゼナウ

  • 大日本帝国
    • 筑波型(1907年・2隻)
      • 筑波、生駒
    • 鞍馬型(1909年・2隻)
      • 鞍馬、伊吹
    • 金剛型(1913年・4隻)*5
      • 金剛、榛名、比叡、霧島

  • ソ連/ロシア

未成艦

  • アメリカ合衆国(ワシントン海軍軍縮条約により廃棄)
  • ソ連/ロシア(ロシア革命により中止)
    • ボロディノ級(1913年・4隻計画)
      • ボロディノ、イズメイル、キンブルン、ナヴァリン

  • 大日本帝国(ワシントン海軍軍縮条約により廃棄)
    • 天城型(1920年・4隻計画)
      • 天城、赤城、高雄、愛宕
        ※1番艦「天城」は空母改装予定だったが関東大震災により廃棄*6。2番艦「赤城」は空母へと改装。
    • 十三号艦型(1923年・4隻計画)
      資材発注前に計画中止。

  • ドイツ(敗戦のため中止)
    • マッケンゼン級(1915年・4隻計画)
      • マッケンゼン、グラーフ・シュペー、プリンツ・アイテル・フリードリヒ、フュルスト・ビスマルク
    • ヨルク代艦級(1916年・3隻計画)
      • ヨルク代艦、グナイゼナウ代艦、シャルンホルスト代艦
        ※ローン級装甲巡洋艦2番艦「ヨルク」及びシャルンホルスト級装甲巡洋艦「シャルンホルスト」「グナイゼナウ」の代艦として計画。ヨルク代艦のみ起工。


*1 但し、当のアメリカ海軍では巡洋戦艦が就役する事が無かったため、戦術指揮艦(指揮巡洋艦)の艦種記号に用いられた。
*2 第一次世界大戦までは重巡洋艦や装甲巡洋艦を含めて、全て「大型巡洋艦」に分類されている。戦艦との正面切った砲戦を想定していたため、防御力は英国の弩級戦艦よりも重厚である。*3
*3 砲の口径を抑え、機関に細管を採用するなどして装甲厚の犠牲を抑制する工夫もその一因である。
*4 第一次世界大戦勃発直後にトルコに譲渡され「ヤヴズ・スルタン・セリム」→「ヤヴズ・セリム」→「ヤヴズ」となり、1950年代まで現役にあった。
*5 近代化改修後は戦艦に再分類する場合もある。
*6 船体の一部は、現在でも民間の造船所で浮桟橋として供用されている。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS