Last-modified: 2017-02-26 (日) 14:54:33 (172d)

【宗谷】(そうや)

  1. 大日本帝国海軍二等巡洋艦「宗谷」。
    明治末期〜大正初期にかけて大日本帝国海軍に在籍した防護巡洋艦
    元々は、帝政ロシアがアメリカから輸入した防護巡洋艦「ヴァリヤーグ」を、日露戦争開戦初頭の仁川沖海戦で鹵獲し、帝国海軍の軍籍に組み入れたものである。

    日本海軍編入後は艦隊に組み入れられず、もっぱら海軍兵学校を卒業した少尉候補生の練習艦として用いられ*1第一次世界大戦中の1916年にロシアへ返還*2、艦名も元の「ヴァリヤーグ」に戻されてロシア海軍に復帰した。
    その後、1917年に修理のため英国へ渡ったが、母国で革命が起きて帝政が倒れ、共産党政権が修理費の支払いを拒んだため帰国できず、そのまま英国で廃棄されてしまった。

    スペックデータ
    主建造所ウィリアム・クランプ・アンド・サンズ社
    起工1899.10.31
    進水1900.1.2
    竣工1901.1.14
    捕獲1905.8.22
    編入1907.7.9
    除籍1916.4.4
    排水量6,604t
    全長126.8m
    全幅15.8m
    喫水6.1m
    主機3段膨張式垂直機関×2基
    宮原水管式石炭専焼ボイラー×30基(出力20,000馬力)
    推進用スクリュープロペラ×2基
    プロペラシャフト×2基
    燃料石炭:12,500t
    速力23kn
    航続距離4,500nm/10kn
    乗員士官:21名
    水兵:550名
    武装カネー式45口径152mm単装砲×12門
    41年式40口径8cm単装砲×10門
    ホッチキスQF 43口径4.7cm単装砲×2門
    45cm水上魚雷発射管×2門
    45cm水中魚雷発射管×2門
    装甲甲板:5〜7.5cm
    司令塔:15cm

  2. 大日本帝国海軍特務艦(砕氷測量艦兼運送艦)「宗谷」。
    1940年代初頭に就役した砕氷測量艦兼輸送艦。
    元々は、ソ連向け耐氷貨物船「ボロチャエベツ」として日本の造船所で建造された船を帝国海軍が買収したもの。
    大東亜戦争終戦まで生き抜き、戦後は海上保安庁の船舶(灯台補給船(LL-01)→巡視船(PL-107))として使用され、2017年現在も東京・お台場の「船の科学館」に繋留保存されている。
    詳しくは宗谷(巡視船)の項を参照のこと。

  3. 大日本帝国鉄道省砕氷貨客船(鉄道連絡船)「宗谷丸」。
    1930年代、鉄道省(後の日本国有鉄道・JRグループの前身)が北海道・稚内と南樺太・大泊*3を結ぶ「稚泊(ちはく)航路」に就役させていた砕氷貨客船。
    姉妹船に「亜庭丸」があった。

    1945年8月、ソ連軍の南樺太侵攻に伴い、邦人避難民多数を載せた最終便として稚内へ脱出。
    以後は稚泊航路が休止(実質上廃止)となったため、青函航路での旅客輸送や室蘭〜川崎〜戸畑間の石炭輸送*4、乗務員訓練などに従事し、1960年代に除籍・売却された。

    なお、この間の1950年代には「国際地球観測年」で日本が南極観測事業に参加することになったのを受けて、2.の「宗谷*5と共に、南極観測船の候補にもノミネートされていた。

    スペックデータ
    主建造所横浜船渠
    母港東京港*6
    総トン数3,593t
    定員1等船室:18人
    2等船室:102人
    3等船室:670人
    計790人
    乗組定員87人
    全長103.3m
    全幅14.2m
    深さ9.2m
    喫水6.6m
    貨物搭載量380t
    主缶舶用スコッチ型×4基
    主機三連成往復動汽機×2基(出力5,851馬力)2軸推進
    最高速力17.06ノット

  4. 海上自衛隊機雷敷設艦「そうや」(JS Soya MMC-951)。
    1970年代、海自初の機雷敷設艦として就役した艦。
    同型艦はなかったが、同時期に就役した掃海母艦「はやせ(JS Hayase MST-462)」と設計が共通していた。
    有事において、必要な海域に機雷原を構築する任務を与えられると共に、(「はやせ」と同様)掃海部隊の母艦としての機能も備えていた。
    1996年、大型化・機能統合された「うらが」級掃海母艦の就役に伴って除籍・解体された。

    スペックデータ
    艦種機雷敷設艦
    建造所日立造船舞鶴造船所
    起工1970.7.9
    進水1971.3.31
    就役1971.9.30
    除籍1996.11.29
    所属第2掃海隊群*7(佐世保基地)
    船型船首楼型
    排水量
    基準/満載
    2,150t/3,300t
    全長99.0m
    全幅15.0m
    吃水4.2m
    機関川崎造船/MANV6V22/30ATLディーゼル×4基
    スクリュープロペラ×2軸
    機関出力6,400PS
    最大速力18ノット
    乗員180名
    兵装68式50口径3インチ連装速射砲×1基
    エリコン FF 20mm単装機関砲×2基(後にJM61Mに換装)
    68式3連装魚雷発射管×2基
    機雷敷設装置一式(投下軌条×8条)
    艦載機なし、着艦スペースと給油装置を装備
    C4ISTAR72式射撃指揮装置1型B?
    レーダーOPS-14?対空捜索レーダー
    OPS-17?水上捜索レーダー
    ソナーSQS-11A捜索用ソナー
    ZQS-1B機雷探知ソナー

  5. 海上保安庁砕氷巡視船「そうや」(MSA→JCG Soya PLH-01)。
    (初代南極観測船も務めた)2.の「宗谷」が解役になった代替として、1978年に就役した砕氷巡視船。
    新造された巡視船で、初めてヘリコプターの搭載能力を備えた船*8でもあり、ベル212(後にS-76C++)を1機搭載できる。
    現在は第1管区釧路海上保安部に属し、北海道・釧路港を母港としている。

    2011年3月11日に起きた東日本大震災では、13日に岩手県・釜石港に入港し、津波で指揮機能を停止した釜石海上保安部の現地対策本部として使用された。

    スペックデータ
    艦種ヘリコプター搭載巡視船(PLH)
    主建造所日本鋼管鶴見建造所
    母港釧路港
    起工1977.9.12
    進水1978.7.3
    竣工1978.11.22
    排水量
    基準/常備?/満載/総トン数)
    3,562t/3,700t/4,089t/3,139t(旧)
    全長98.60m
    全幅15.60m
    深さ8.00m
    喫水5.20m
    機関SEMT ピルスティク 12PC2-5 V400ディーゼル×2基
    スクリュープロペラ×2軸
    機関出力16,000bhp(定格)/13,260bhp(常用)
    発電機520kW発電機×2基、120kW発電機×1基
    合計出力1,160kW
    燃料搭載量650t
    速力21ノット
    航続距離5,700海里(18kt巡航時)
    乗員71名
    武装ボフォースL/60 40mm単装機関砲×1基
    エリコンSS 20mm単装機関砲×1基(後日撤去)
    搭載機S-76C++ヘリコプター×1機
    C4ISTAR船テレ・システム(改装後に搭載)
    レーダー10cm波(Sバンド)レーダー×1基
    3cm波(Xバンド)レーダー×1基


*1 装備がアメリカ式だったため、日本海軍の規格に合わなかったことと、姉妹艦がないため他の艦と「戦隊」を組めず、運用上の支障があったためだという。
*2 当時、日本とロシアは共に連合国陣営として大戦に参戦しており、ロシアへの軍事援助の一環として、日露戦争時に鹵獲した艦の一部を返還したのである。
*3 現在はロシア連邦の実効支配下にあり、ロシアにおける地域行政区分は「極東連邦管区・サハリン州コルサコフ市」となっている。
  なお、南樺太における日本の領有権は、1952年4月発効のサンフランシスコ講和条約により、同条約参加国に対して放棄されている(ロシアは現在も条約には未参加)。

*4 この時の所属は広島鉄道管理局(現在のJR西日本広島支社・JR貨物広島支店など)だった。
*5 当時は海上保安庁の灯台補給船だった。
*6 国鉄が保有していた船舶の母港は、就航航路に関わらずすべて東京港とされていた。
*7 現在は横須賀基地の「第1掃海隊群」と統合され、現存しない。
*8 2.の宗谷は、南極観測任務に就いていた時代には航空機・ヘリコプターの運用能力を持っていたが、他の巡視船には備えられていなかった。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS