Last-modified: 2016-11-19 (土) 21:05:20 (126d)

【手榴弾】(しゅりゅうだん)

  1. Fragmentation grenade (Frag grenade)
    手投げ弾の一種で、破片をばら撒いて敵を殺傷するもの。手投げ式の榴弾
    2.と区別するため、特に「破片手榴弾」と呼ばれることもある。
    日本軍では「てりゅうだん」と呼ばれた。

    第一次世界大戦から現在に至るまで、歩兵にとって重要な武器である。
    手で投げる事で間接砲撃と同様に遮蔽物越しの攻撃が可能なため、塹壕戦や市街戦*1で多用される。

    外形は、かつて造られていた柄付き型と、現在主流の卵形に大別される。
    柄付き型は発火リングを引き抜いて時限信管を作動させる。
    卵形は安全ピンを抜くと安全レバーが跳ね飛び、時限信管が作動する。
    旧軍などのものは、硬いものに叩きつけて信管を作動させていた)

    柄付き型はより遠くへ投擲できるとしてドイツやソ連などで使われていたが、重く携行数が限られるため、現在は使用されていない。
    現代では投擲で届かない遠くの目標へは擲弾発射器が使用される。

    爆発するまでには3〜5秒ほどの時間があり、その間に目標へ投げ込む。
    かつては着発信管を備え、地面に落ちると即座に爆発して逃げる隙を与えないものも存在したが、信頼性に乏しいため廃れた。

  2. Hand grenade
    広義においては、手投げ弾全般を指して言う場合がある。
    非致死性のものを含め、下記のように様々な効果のものが存在する。

    攻撃手榴弾
    爆風と破片によって限られた範囲へ被害をもたらす。
    焼夷手榴弾
    テルミット反応などにより激しく燃焼する。
    黄燐(白燐)手榴弾
    3000℃の高温で燃焼しながら発煙する。
    照明手榴弾
    手投げ式の照明弾
    催涙手榴弾
    催涙剤を噴出する。
    発煙手榴弾
    煙幕を張るほか、発煙筒がわりに使うこともできる。
    特殊閃光音響手榴弾*2
    閃光で視覚を一時的に奪い、爆音で敵を昏倒もしくは聴覚を一時的に奪うことで行動不能にする。
    約100万カンデラ以上の閃光と、1.5m以内に160〜180デシベルの爆音*3を発する。
    使用する側は事前に耳栓と対閃光ゴーグルを着用し、爆音や閃光の中でも行動できるよう備える。
    (「スタングレネード」や「フラッシュバン」などとも呼ばれる)

関連:擲弾 擲弾発射器


*1 建物を制圧する時、突入する直前に手榴弾を室内へ放り込むのは基本である。
*2 人質救出作戦などCQBにおいて室内へ突入する時に用いられる。
  殺傷能力は皆無なので、人質がいる場合は重宝する(とはいえ、敵や人質が心臓疾患を患っている場合ショック死する可能性がある)。

*3 飛行機のジェットエンジンの爆音が120デシベル。つまりそれ以上の大きな音である。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS