Last-modified: 2017-05-21 (日) 18:01:57 (205d)

【自走榴弾砲】(じそうりゅうだんほう)

Self Propelled Howitzer (SPH).

車両に載せられた大口径榴弾砲
高速に機動展開撤収が可能であり、砲兵の主力装備の一つである。
射撃位置を特定されて間接砲撃爆撃にさらされる前に撤収が可能なため、設置・牽引型の野戦砲よりも生存性が高い。
また、主力戦車機械化歩兵の電撃的な侵攻速度にも追随可能であり、後方で置き去りにされずに済む。

主力戦車装甲兵員輸送車の車体を流用する事が多く、大重量の砲と車体を支えるために無限軌道を使う事が多い。
装甲を施す事もあるが、直接的な交戦は避け、散発的な戦闘や事故による被害のみを想定する。

最近では投射弾量で勝る多連装ロケットシステムが登場した。
しかし補給の容易性、命中精度、調達単価などの優位は確保されており、今後も砲兵の主要装備であり続けると思われる。

関連:自走砲 多連装ロケットシステム 曲射砲 間接砲撃

近年の技術的進歩

最近の自走榴弾砲は、共通して以下のようなシステムが組み込まれている。

装薬のユニット化・自動装填機構
榴弾砲は比較的大口径であり、目標までの距離に応じて装薬の袋の数を変えていた。
また、装填時には砲を水平に戻す必要があるものもあった。
それらを全て機械による自動装填にし、単位時間当たりの投射弾量の増加、省力化が図られている。
FCSによる照準・射撃
通常、榴弾砲が有効弾を出すまでには弾着観測→修正を数回繰り返し、キルゾーンを調整する必要があった。
高度なFCSは有効弾を素早く引き出せるのみならず、同時弾着射撃で敵に対応時間を与えず多大な被害を与える事ができる。
また、データリンク機能も考慮し、部隊としての射撃能力も向上させる事を目指されている。
口径を155mmへ統一
かつて存在していた105mm・203mm砲は姿を消しつつあり、砲弾・運用の共通化が計られている。
203mmは155mm砲の破壊力向上と、MLRSの登場によって発展的解消を遂げた。
105mmは120mm迫撃砲で代用可能であり、空挺部隊用の軽量な自走砲などを残すのみとなっている。
長砲身・長射程化
50口径(7.8m)以上の長砲身が一般的であり、通常弾でも有効射程は30kmを越える。

各国の自走榴弾砲

  • アメリカ
  • ソ連/ロシア
    • 2S1「グヴォズジーカ」
    • 2S3「アカーツィヤ」
    • 2S19「ムスタ-S」

  • 韓国
    • K9

  • 中華人民共和国
    • 83式自走榴弾砲
    • 85式自走榴弾砲

  • ドイツ
  • オランダ
    • MOBAT

  • 日本
  • フランス
    • AMX30 AuF1
    • Mle.61
    • Mle.F3
    • カエサル

  • 南アフリカ共和国
  • アルゼンチン
    • VCA155

  • イギリス
    • FV433 アボット
    • AS-90 ブレイブハート

  • イスラエル
    • ソルタム
    • L33
    • ATMOS

  • イタリア
    • パルマリア

  • シンガポール
    • プリマス
  • スウェーデン

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS