Last-modified: 2016-12-25 (日) 10:14:24 (352d)

【自衛官】(じえいかん)

防衛省職員のうち、自衛隊の隊務に従事する特別職国家公務員。またはその官名。
具体的には自衛隊員のうち、「制服組」と呼ばれる隊員を指す。

採用区分により、大きく以下の通り分けられている。

  • 常備自衛官
    いわゆる「正規兵」。
    • 幹部自衛官
      旧軍や外国軍の将校(士官*1)にあたる身分で、部隊・艦船の指揮や高度な専門技術を発揮すべき分野に勤務する。
      採用区分により、更に下記のコースが存在する。
      • 一般幹部候補生
        一般の大学卒業後に自衛隊への入隊(就職)を希望し、幹部候補生採用試験に合格した者。
        受験資格は20歳〜26歳(大学院卒業予定者は28歳まで)。
        幹部候補生学校卒業後、大卒者は三尉・大学院卒業者は二尉に任官される。
      • 防衛大学校本科学生
        部内では「Bコース」「B幹」などと呼ばれ、他コース出身の同期生(相当者)に比べて出世が早い傾向にある。
      • 医科幹部候補生
        防衛医科大学校の卒業生。
        医師国家試験に合格して免許を取得すると二尉に任官され、防衛医官*2として勤務する。
      • 歯科/薬剤科幹部候補生
        大学で歯学・薬学の専門課程を学んだ学生が採用される。
        採用後、国家試験に合格して免許を取得すると歯科医は二尉、薬剤師は三尉に任官される。
      • 飛行幹部候補生
        航空学生課程(航空自衛隊海上自衛隊)もしくは陸曹航空操縦学生課程(陸上自衛隊)を修了した隊員。
        幹部教育と操縦訓練を受けた後、パイロット戦術航空士として勤務する。
      • 貸費学生
        防衛省による奨学金制度。
        卒業後に自衛隊で一定期間勤務する事を条件に、奨学金の返済義務が免除される。
        防衛大臣が指定した職種職域に相当する技術系学科の大学生・大学院生が対象*3
      • 技術海上幹部(公募)
        実務経験を持つ技術者を、海上自衛隊の二尉もしくは一尉として中途採用するもの。
      • 医科/歯科幹部(公募)
        実務経験を持つ医師・歯科医師を二尉から二佐までの待遇で中途採用するもの。
        自衛隊発足当初の防衛医官は全てこのコースで採用されていた。
  • 曹士
    旧軍や外国軍の下士官・兵卒に相当する身分で、部隊・艦船の人的戦力の中核となり、指揮官たる幹部自衛官の指揮・命令を受けて各種の任務を遂行する。
    幹部同様、採用区分によって更に以下の通り分けられている。
    • 自衛官候補生(任期制隊員)
    • 一般曹候補生(非任期制隊員)
      将来、曹となるべき人材を養成するためのコース。
      ただし、勤務成績が不振で曹への昇進が見込めないときは資格が失われることもある。
    • 高等工科学校生徒陸上自衛隊のみ)
    • 航空学生海上自衛隊航空自衛隊
      課程修了後、上記の「飛行幹部候補生」として操縦訓練と幹部教育を受ける。
    • 公募技術海曹
    • 公募技術空曹

階級

現在の自衛官の階級区分を以下に記す。
なお、参考までに旧軍における階級との概ねの対比*4を付記する。

区分NATO階級コード
(参考)
呼称陸上自衛隊海上自衛隊航空自衛隊旧帝国陸軍旧帝国海軍
幹部将官クラスOF-9将(甲)*5陸将(甲)海将(甲)空将(甲)大将大将
OF-8将(乙)陸将(乙)海将(乙)空将(乙)中将中将
OF-7将補陸将補海将補空将補少将少将
佐官クラスOF-6一佐*6一等陸佐一等海佐一等空佐(該当なし)(該当なし)
OF-5大佐大佐
OF-4二佐二等陸佐二等海佐二等空佐中佐中佐
OF-3三佐三等陸佐三等海佐三等空佐少佐少佐
尉官クラスOF-2一尉一等陸尉一等海尉一等空尉大尉大尉
OF-1二尉二等陸尉二等海尉二等空尉中尉中尉
三尉三等陸尉三等海尉三等空尉少尉少尉
曹士曹クラスOR-9准尉*7准陸尉准海尉准空尉准尉兵曹長
OR-8曹長陸曹長海曹長空曹長(該当なし)(該当なし)
OR-7一曹一等陸曹一等海曹一等空曹曹長上等兵曹
OR-6二曹二等陸曹二等海曹二等空曹軍曹一等兵曹
OR-5三曹三等陸曹三等海曹三等空曹伍長二等兵曹
OR-4(該当なし)兵長水兵長
士クラスOR-3士長陸士長海士長空士長上等兵上等水兵
OR-2一士一等陸士一等海士一等空士一等兵一等水兵
OR-1二士二等陸士二等海士二等空士二等兵二等水兵
OR-D自衛官候補生(該当なし)(該当なし)


この他、かつては二士の下に「三士(三等陸海空士)」という階級があり、自衛隊生徒の初任階級として運用されていたが、海自・空自における「生徒」制度の廃止と陸自での「高等工科学校生徒課程」への改編にともなって空位となり、2010年10月31日限りで廃止された。

近年、PKFなどで他国の軍隊と共同で行動する場面が増えていることや幹部自衛官の平均年齢が高くなっていることなどから、上記の階級に加えて「准将」「代将」や「上級曹長」などの導入も必要と考えられているが、現時点では、これに関する具体的な動きは見られない。


*1 海上自衛隊では「幹部」と並んで公式にも「士官」の語が用いられている。
*2 旧軍でも、軍医は中尉以上であり、若い軍医中尉はグンチュウと呼ばれた。
*3 この意味で、アメリカ軍及びその同盟国軍の「ROTC」とは性格が異なる。
*4 一般に、制服自衛官の地位は旧軍の軍人に比べ、二階級低いと云われている。
*5 統合幕僚長及び陸上・海上・航空の各幕僚長職にある者が任じられる。
*6 一部の者は外国の軍隊でいう「准将」「代将」に相当する職務についている。(この中には「副旅団長」「師団幕僚長」等もあり「行き過ぎ」との声もある)
*7 他国の同名階級とは異なり、NATOの統一階級コードでは「OR-9」、アメリカ軍では「(最先任)上級曹長」におおむね相当する。
  なお、現在の自衛隊に「准士官」制度はない。


トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS