Last-modified: 2017-01-18 (水) 21:34:18 (306d)

【酸素魚雷】(さんそぎょらい)

1930年代、ロンドン海軍軍縮条約で主力艦の保有を制限された日本海軍が、主力艦を補助する巡洋艦駆逐艦の武装として開発した魚雷

当時の魚雷としては世界最高峰の破壊力有効射程を誇る。
あまりの長射程*1ゆえ、外れた魚雷が戦域外に迷い込んで友軍を誤爆したり別の敵に命中した例も散見された。
当時のアメリカ海軍艦載砲優先で魚雷を軽視するドクトリンを採用していた事も相まって、特に艦隊士気に絶大な影響を与えた。
一方、非常に大型化したため雷撃機に搭載できず、航空戦主体となった太平洋戦争では使用例が少なく倉庫に在庫が山と積まれたという。

そのためか、後に悪名高い特攻兵器・人間魚雷「回天」として改修・転用される事にもなった。

内蔵のエンジン燃料を燃焼させる酸化剤に空気を用いず、純酸素を用いているのが特徴。
これによって窒素や二酸化炭素などが海面に浮上する事がなくなり、敵に魚雷の航跡が発見されにくくなった。
また、酸素濃度20%の大気から純酸素に切り替える事によって内蔵酸化剤の重量が5分の1に削減され、航続距離が延長された。

大気をそのまま用いず純酸素を用いるという発想はさほど目新しい事ではなかったが、純酸素は極めて危険な物質であり、各国で爆発事故が多発。
日本海軍でも1916年の燃焼実験で爆発事故を起こして開発中止に追い込まれているが、1928年に開発を再開し、1933年に開発が成功した。
最終的にこれを実戦配備したのは日本海軍のみであり、秘密兵器とされた。
その作動原理は機密指定され、「第二空気」と呼ばれた酸化剤が実際に何であるかは乗員にも知らされていなかった。


*1 30km以上と言われる。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS