Last-modified: 2017-01-06 (金) 20:56:47 (144d)

【散弾銃】(さんだんじゅう)

Shotgun(ショットガン).

小さな球状の弾丸(ショット)を多量に散布する「散弾」を使用する銃。
非常に幅広い分類で、特に回転機構は細かい用途ごとに異なる仕様で作られる。

ポンプアクション、レバーアクション、中折れ式、反動利用式(セミオートフルオートの両方)など。

有効射程は40〜50mと比較的短く、散弾は最大直径1mほどのキルコーンに拡散する。
衝撃が広範囲の面に拡散するため装甲など堅い物体への破壊力には欠ける。
反面、柔らかい物体を引き裂く用途には非常に適しており、人間などの生物に対して絶大な殺傷力を発揮する。

口径が大きく1発あたりの装薬も多い設計であるため、散弾でない弾丸(一粒弾・スラッグ弾などともいう)を用いた場合でも破壊力は大きい。
こうした一粒弾は熊などの頑強な猛獣を仕留める*1ため、またはドアロックや蝶番などを破砕するために用いられる。
また、小型軽量な拳銃弾小銃弾では実現が難しい特殊な弾頭を用いる用途にもよく散弾銃の規格が利用される。
威力を落とした非殺傷*2のゴム弾、催涙剤を噴霧するガス弾、電極を発射するテーザー弾などが知られている。

こうした特性から、主に狩猟用と、警察機関などが近接戦闘用の大火力や特殊な武器を求める場合に用いられる。
重量あたりの携行可能弾数が少ない点と、長距離狙撃に対する反撃が困難な点から、CQB以外の軍事作戦には不向き。

歴史的な起源は、おそらく銃砲そのものの発明と大差ない程度に古い。
初期の銃砲は「火薬を入れて詰め物をして着火すると詰め物が吹き飛ぶ」という程度のものであった。
有効射程を考慮しないなら詰め物は鉛玉でなくともよかったため、弾丸でないものを銃身に放り込むことがままあった。
そのような状況から、偶発的に散弾のような効果を発揮したのが散弾銃の始まりといわれている。

その後ライフリングが発明されると、散弾の構造上ライフリングできない事が判明した*3
結果、銃は有効射程の長い軍用ライフルと、近距離で狙いやすい狩猟用散弾銃に分かれて進歩していった。

その後、第一次世界大戦塹壕戦に散弾銃が投入され*4、大いに戦果を挙げた。
白兵戦では散弾銃の「狙う必要のない大火力」が極めて有利であったためである。
CQBにおける散弾銃の優位性は不動で、現代に至るまで屋内戦・森林戦・山岳戦で活用されている。

関連:トレンチガン ライアットガン レミントン? ウィンチェスター? ベネリ?

日本における散弾銃

散弾銃は、日本で合法的に入手する事が可能な数少ない銃器の一つである。
現在の日本では、狩猟または競技用途においてのみ所有が許可される。
弾倉装弾数3発以上のもの、口径が12番を超えるもの、フルオート機能を持つものは許可が下りない。
ただし例外的に、熊狩りなどの特別な用途では8番ゲージの散弾銃が許可される事もある。


*1 害獣駆除では「ライフルが命中したのにほとんど効いていなかった」などという報告も散見される。
*2 「ボクシングのヘビー級チャンピオンに殴られた程度」といわれる。
*3 散弾銃の銃口は重機関銃機関砲並の口径を必要とする。
  ライフル用の散弾を作る事自体は難しくないが、そんな小口径の散弾では十分な殺傷力を発揮できない。
  一方、既存の散弾銃にライフリングを施しても、発射直後に拡散するため命中精度・有効射程の向上は期待できない。

*4 この戦術を採用したアメリカ軍は「けだものを撃つための猟銃で人を撃つ、残虐非道な軍隊」として憎悪され、ショットシェルを所持する兵は捕虜になる資格がないとして問答無用で射殺されたと言われる。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS