Last-modified: 2014-12-05 (金) 20:28:55 (1052d)

【三菱重工爆破事件】(みつびしじゅうこうばくはじけん)

1974年(昭和49年)8月30日、日本の反政府武装組織「東アジア反日武装戦線」が起こしたテロ事件。

犯行グループは東京・丸の内の三菱重工本社ビルの玄関前に仕掛けた時限爆弾を爆発させ、社屋の一部を破壊。
(後述のように)非常に威力の大きな爆弾であったため、被害は近隣のビルや街路にまで及び、死者8人・重軽傷者376人を出す、日本国内で起きた爆弾テロ事件としては最大規模の人的被害を記録した事件*1となった。

その後の調査で、爆発した爆弾はベール缶2個に40kgの爆薬を詰めたものであったことが判明した。

犯行グループ

この事件から一ヵ月後、「東アジア反日武装戦線 [狼]」を名乗るグループから犯行声明が出された。
この「東アジア反日武装戦線」は、当時、アジアの発展途上国に進出していた日本企業を「日本帝国主義の走狗」として攻撃することを目的として結成されたもので、斉藤和(都立大学中退)と友人の佐々木則夫が中心となって昭和46年に発足した。
同組織は「狼」、「さそり」そして「大地の牙」の3グループで構成されており、メンバーが逮捕されたら青酸カリで自決するように指示されていた。

犯行声明文

一九七四年八月三〇日三菱爆破=ダイヤモンド作戦を決行したのは、東アジア反日武装戦線“狼”である。三菱は、旧植民地主義時代から現在に至るまで、一貫して日帝中枢として機能し、商売の仮面の陰で死肉をくらう日帝の大黒柱である。今回のダイヤモンド作戦は、三菱をボスとする日帝の侵略企業・植民者に対する攻撃である。“狼”の爆弾に依り、爆死し、あるいは負傷した人間は、『同じ労働者』でも『無関係の一般市民』でもない。彼らは、日帝中枢に寄生し、植民地主義に参画し、植民地人民の血で肥え太る植民者である。“狼”は、日帝中枢地区を間断なき戦場と化す。戦死を恐れぬ日帝の寄生虫以外は速やかに同地区より撤退せよ。“狼”は、日帝本国内、及び世界の反日帝闘争に起ち上がっている人民に依拠し、日帝の政治・経済の中枢部を徐々に侵食し、破壊する。また『新大東亜共栄圏』に向かって再び策動する帝国主義者=植民地主義者を処刑する。最後に三菱をボスとする日帝の侵略企業・植民者に警告する。海外での活動を全て停止せよ。海外資産を整理し、『発展途上国』に於ける資産は全て放棄せよ。この警告に従うことが、これ以上に戦死者を増やさぬ唯一の道である。9月23日東アジア反日武装戦線“狼”情報部

この声明文から、企業はもとより一般市民をも「植民者」として敵視していたことが分かる。
※「ダイヤモンド作戦」とは、東アジア反日武装戦線における本件爆破テロの呼称。

使用された爆弾

前述の通り、この事件では非常に威力の大きな爆弾が使用され、死者8人・重軽傷者376人という大惨事になったが、その後の捜査で、この爆弾は元々鉄橋を爆破するために作られたものであったことが判明した。

「東アジア反日武装戦線」はこの事件を決行する前、昭和天皇の暗殺を目的とした「虹作戦」と呼ばれる計画を立てていた。
彼らは、昭和天皇が静養先の栃木県・那須御用邸から帰京する予定日の8月14日*2、お召列車が東北本線の赤羽〜川口間に架かる荒川橋梁を通過するタイミングで爆破することを計画。
「昭和時代を『昭和49年8月14日』で終わらせる」
として準備に着手した。

しかし決行前日になり、目的地周辺に警察官、浮浪者、痴漢ともとれる第三者が現れ、遠巻きに自分たちを包囲しようとしている行動をとり始めたため、計画が察知されることを恐れた彼らは作戦を断念、後日の再起を期して撤収した。
そして、用意された爆弾は本事件に使われることとなった。

参考リンク


*1 国内で起きたテロ事件全般で見ても、1995年の地下鉄サリン事件に次ぐ人的被害であった。
*2 犯行グループがこの日取りをニュースで知っていたことから、以後、マスコミ各社は政府要人の公務旅行に関するニュースを「事後報告」の形で伝えるようになった。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS