Last-modified: 2016-04-28 (木) 17:14:11 (509d)

【催涙剤】(さいるいざい)

Riot control agent.

化学兵器の一種。直訳の「暴動制圧剤(Riot control agent.)」の名の通り、暴徒を制圧する目的で用いられる。
主として擲弾発射器で射出する擲弾、または人の手で投げる手榴弾として運用される。
日本ではガス状にした「催涙ガス」が最も有名だが、液体スプレーや粉末になっているものもある。

人体の粘膜に作用して刺激を生じ、咳・くしゃみ・涙・嘔吐などの症状を引き起こして行動を阻害する。
致死量に達しなければ短期間で自然に快復し、また、ガスマスクなどの防護策が極めて有効。
皮膚からは吸収されず、粘膜を露出していなければほとんど効果は発揮されない。

このような点から「非致死性」兵器とされているが、完全な意味での非致死性ではなく、一定の安全性が常に保証されるわけではない。
単発で人間の致死量に至る事はまずないが、制圧射撃などで大量散布された場合に命の保証はない。
免疫系*1や呼吸器系に障害・疾病を抱えた患者には永続的・致死的な影響を与える事がある。
また、弾体の激突、刺激による転倒、パニックの誘発*2などで死に至る事がないとも言い切れない。
しかし、銃弾に比べれば遙かに安全で後遺症が残りにくく、(暴動の鎮圧など)民衆に暴力を振るう用途に極めて適する。

また、特殊部隊が拉致・拘束・人質救出を行う際にも使用される。
化学兵器による攻撃を擬似体験するための訓練器材として用いられることもある。

殺傷性が低いため法規制が緩く、民間人が護身・防犯目的で購入する事もある。

日本での使用例

日本では、警視庁・道府県警察が催涙弾と専用の擲弾発射器を保有し、群衆警備用の装備として使用している。
また、陸上自衛隊*3海上自衛隊海上保安庁にも導入されている。

ただし、警察においては催涙弾を「催涙ガス筒」、専用の擲弾発射器を「ガス筒発射器」と公称している。
設計上も運用実態でも明白に銃砲であるが、暗黙に「武器ではない」という主張が為されている。

「銃」や「弾」と呼ぶと法律上「武器」「銃砲」として定義され、使用上の規制が発生する。
例えば、警察官職務執行法第7条は、現行犯ないし逮捕状が出た場合を除いて「武器の使用」を禁じている。
また、銃砲刀剣類所持等取締法においてどう取り扱うべきなのか今ひとつ判然としない点もある。

警察においては、運用に厳しい制限が課せられており、現場に持ち出す時点で警視総監ないし道府県警察本部長の許可を要する。
発射の判断は現場指揮官にのみ許され、また発射に際して相手への事前警告を要すると定められている。

なお、「銃砲」の側はともかく、催涙剤そのものに対する法規制はほとんどない。
スプレー缶に催涙剤を詰めただけの「催涙スプレー」であれば個人でも購入できる。


*1 ある種のアレルギーなど。催涙剤自体もアレルゲンであり、後遺症としてアレルギー性疾患を発症した事例もある。
*2 銃を手にした人間が催涙剤を浴びた場合、混乱から不時発射が発生する可能性を無視できない。
*3 陸自での名称は「催涙球」。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS