Last-modified: 2018-04-18 (水) 19:42:09 (240d)

【混成団】(こんせいだん)

Combined Brigade(直訳すると「混成旅団」).

日本の陸上自衛隊で採用されている戦略部隊編成のひとつ。
歴史的に再編成・制度解体を繰り返しているため、単に「混成団」と称した場合の定義は必ずしも定かでない。

1950年代〜1960年代

1955年〜1958年、陸上自衛隊の黎明期に編制。アメリカ陸軍の「連隊戦闘団」などを参考にして採択された。
当時の戦略級部隊編制であった「管区隊」に準じて複数の職種部隊を隷下に置き、所在地域の防衛警備や災害派遣・民生協力を担当する部隊とされていた。

自衛隊発足当時の軍政目標として10個の戦略単位の保有が求められた。
しかし警察予備隊からの変遷に伴う制度上の都合と、人的資源上の都合から管区隊の編制は6個のみに留まった。
そこで、一部の作戦単位は小規模部隊を持って充てる事とし、以下の4個部隊が編制された。

第7混成団
現在の第7師団第11旅団
第8混成団
現在の第8師団
第9混成団
現在の第9師団
第10混成団
現在の第10師団

個々の混成団は将補を指揮官とし、以下のような部隊編制が為されていた。

  • 普通科歩兵)連隊×1(4個普通科大隊・重迫撃砲中隊・戦車中隊各1・衛生中隊)
  • 特科砲兵)連隊×1(直接支援・全般支援・高射大隊各1)
  • 施設大隊
  • 偵察中隊
  • 飛行隊
  • その他後方支援部隊

総兵力は6,100名。旧陸軍及び諸外国の陸軍では「独立混成旅団」に相当する。

この4個混成団は1962年、師団制の採用に伴ってすべて師団へと改編された*1

1970年代〜2000年代

沖縄諸島返還を契機に再編成。部隊が常駐していなかった沖縄・四国の防衛に充てられた。

第1混成団
1972年、「臨時第1混成群(現在の第51普通科連隊)」から抽出して返還直後の沖縄に配置。
2010年、第15旅団へと改編。
第2混成団
1981年、第13師団(現在の第13旅団)隷下の第15普通科連隊(現在の「第15即応機動連隊」)から抽出して編制。
それまで師団不在であった四国に配置。
2006年、第14旅団へと改編。

これらの部隊はそれぞれ将補を指揮官とし、以下のような部隊編成が行われていた(いずれも旅団に改編される直前の最終状態)。

  • 第1混成団
    • 第1混成群(普通科部隊。実働兵力は2個中隊程度)*2
    • 第6高射特科群*3
    • 第101後方支援隊*4
    • 第101飛行隊*5
    • 第101不発弾処理隊
    • 第430会計隊
    • 第416基地通信中隊
    • 第1混成団音楽隊*6
  • 第2混成団
    • 第15普通科連隊
    • 特科大隊*7
    • 施設隊*8
    • 後方支援中隊*9

方面混成団

Army Combined Brigade.

21世紀になってから採用された部隊編制。
方面総監の隷下にあった教育団・教育連隊を中核に、各師団旅団隷下に分散していたコア部隊を統合したもの。

平時には予備自衛官自衛官候補生や各種術科教育を受ける隊員の教育・訓練を受け持つ。
有事には予備自衛官を集中的に受け入れて方面総監隷下の予備兵力となる。

2018年現在、各方面隊隷下に以下の5個団がある。

部隊名方面隊本部所在地旧名その他
北部方面混成団北部方面隊北海道・東千歳駐屯地北部方面教育連隊*10隷下に「冬季戦技教育隊」がある。
東北方面混成団東北方面隊宮城県・仙台駐屯地第1教育連隊 
東部方面混成団東部方面隊神奈川県・武山駐屯地第1教育団隷下に「第1機甲教育隊」、
女性自衛官教育隊」がある。
中部方面混成団中部方面隊滋賀県・大津駐屯地第2教育団 
西部方面混成団西部方面隊長崎県・相浦駐屯地第3教育団 

かつての混成団とは異なり、指揮官は一佐を以て充てている。
部隊編成は以下の通り。


*1 この改編に際して、アメリカ陸軍で採用されていた「ペントミック」編制を参考に、普通科連隊では「大隊」の単位が廃されて連隊本部が直接中隊を指揮するようになった。
*2 後の「第51普通科連隊」。
*3 後の「第15高射特科連隊」。
*4 後の「第15後方支援隊」
*5 後の「第15ヘリコプター隊」。
*6 後の「第15音楽隊」。
*7 後の「第14特科隊」。
*8 後の「第14施設隊」。
*9 後の「第14後方支援隊」。
*10 更に以前は「第3教育連隊」だった。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS