Last-modified: 2013-11-10 (日) 21:39:15 (1493d)

【黒鉛炉】(こくえんろ)

原子炉のうち、減速材として黒鉛*1を使うもの。
最も安価な技術的投資で実用化できる原子炉だが、効率・性能において最も劣悪な原子炉でもある。

黒鉛は入手が容易であり、また未精製の天然のウラニウムを核燃料に使用できる。
反面、黒鉛はかさばり、また別途に冷却材も用意しなければならないためさらにかさばる。
この点で出力あたりの体積が非常に大きく、エネルギーを得る手段としては他種の原子炉に劣る。

当初は原子爆弾用のプルトニウムを精製するために実用化された。
また、最初期の発電用原子炉としても稼働していたが、効率の悪さから軽水炉重水炉の実用化に伴って廃れていった。
現存する黒鉛炉は、主にプルトニウム精製施設として稼働しており、炉の出力は副産物に過ぎない。

関連:高温ガス炉?


*1 グラファイト。日本名は鉛の一種と誤解されていた時代の名残であり、実際は炭素分子の一種である。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS