Last-modified: 2015-02-05 (木) 13:14:14 (810d)

【高速徹甲弾】(こうそくてっこうだん)

High Velocity Armour Piercing (HVAP)/Armor Piercing Composite Rigid(APCR、硬芯徹甲弾).

徹甲弾の一バリエーションで、硬質で重い素材で芯を作り、その周囲を軽量な素材で覆った砲弾。
芯にはタングステンやを使い、周囲の覆いにはアルミニウムを用いるのが一般的。
弾頭が軽いために高速で射出され、衝撃が細い芯のみに集中するため装甲を貫徹しやすい。

第二次世界大戦の中期ごろ、重装甲化の一途を辿る戦車への対抗策として考案された。
当初は戦車砲の砲弾として採用されたが、成形炸薬弾装弾筒付徹甲弾の発明により旧式化。
現代では主に機関砲弾として軽装甲車両を撃破する用途に利用されている。

関連:被帽付徹甲弾? 装弾筒付徹甲弾


トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS