Last-modified: 2016-12-03 (土) 08:22:40 (111d)

【香取】(かとり)

  1. 大日本帝国海軍前ド級戦艦「香取」。
    明治時代後期の日露戦争開戦直前、英国に発注・建造された艦で、姉妹艦に「鹿島」がある。

    日本海軍は当時、仮想敵国であったロシアに対抗すべく、戦艦6隻・装甲巡洋艦6隻からなる「六六艦隊」と呼ばれる艦隊整備計画を立て、6隻の戦艦(富士型2隻・敷島型4隻)を調達したが、その時点でロシアは既に12隻の戦艦を擁し、更に新鋭艦を順次建造中であった。
    この情報をつかんだ日本政府は、「三笠」を凌駕する戦艦の追加調達を決定し、当時英国で建造中であった「キング・エドワードVII世」級戦艦をベースとした艦を発注した。

    本艦は、火力増強策として主砲・副砲に加えて「中間砲」と呼ばれる砲が搭載され、また、主砲・副砲も三笠より砲身長を伸ばして破壊力を増す設計となっていた。

    発注当時、日露戦争開戦直前ということもあって建造が急がれたが、竣工して日本へ回航されたときには既に日露の講和が成立しており、日露戦争には間に合わなかった。
    しかし、その時には戦闘や事故で日本海軍の実働戦艦は3隻(富士、敷島、朝日)にまで減っており*1、本艦と「鹿島」は貴重な戦力として重宝された。

    その後、ド級超ド級と続く戦艦の進化によって旧式化したが、第一次世界大戦における南洋群島警備や1920年のシベリア出兵支援任務などで活躍した。
    また、1921年には皇太子殿下(後の昭和天皇)のヨーロッパ歴訪に際し、その乗艦として使用された。*2

    1923年、ワシントン海軍軍縮条約の発効によって廃棄対象とされ、除籍・解体された。

    性能諸元
    常備排水量15,950t/16,400t(鹿島)
    全長139m
    全幅23.77m/23.81m(鹿島)
    喫水
    (常備)
    8.2m
    主缶ニクローズ式罐・石炭専焼×20基
    主機直立型三段膨張4気筒蒸気レシプロ機関×2基 2軸推進
    機関出力16,000hp
    15,600hp(鹿島)
    燃料石炭:
    750〜1,821t
    2,007t(鹿島)
    最大速力20.2ノット
    19.2ノット(鹿島)
    航続距離10,000浬(10ノット)
    兵員864名
    兵装アームストロング1904年型 45口径30.5cm連装砲×2基
    ビッカース1905年型 45口径25.4cm単装砲×4基
    エルジック1900年型 45口径15.2cm単装砲×12基
    エルジック1894年型 40口径7.6cm単装速射砲×16基
    オチキス 47mm単装砲×3基
    45cm水中魚雷発射管×5門
    装甲舷側:228mm(水線中央部)/54〜127mm(艦首尾部)
    甲板:45〜90mm(主甲板)
    砲塔(最大厚):228mm/254mm(鹿島)
    主砲バーベット部:228mm(最大厚)
    15.2cm砲ケースメイト部:152mm(最大厚)
    司令塔:228mm(最大厚)

    同型艦
    艦名主造船所起工進水竣工除籍備考
    香取ヴィッカース1904.4.271905.7.41906.5.201923.9.201924.11.解体
    鹿島アームストロング1904.2.291905.3.221906.5.23

  2. 大日本帝国海軍二等(軽)巡洋艦「香取」。
    1930年代後半、海軍士官候補生の海上実習教材として設計・建造された訓練用巡洋艦
    姉妹艦に「鹿島」「香椎」「橿原」がある*3

    それまで海軍では、幹部教育機関である「海軍兵学校」「海軍機関学校」「海軍経理学校」を卒業した少尉候補生*4たちの海上実習「遠洋航海」を、第一線を退いて海防艦になっていた装甲巡洋艦で「練習艦隊」を編成して行ってきたが、いずれの艦も明治時代に設計・建造された艦であるため、船体・機関・装備品の老朽化・陳腐化が著しく、実習の「教材」には適さなくなりつつあった。
    一方で、これら老朽装甲巡洋艦は喫水の浅さを活用して、中国大陸方面に展開する河用砲艦部隊の「旗艦」に転用することも考えられていたため、代替となる実習用艦船の建造が計画された。これが本艦型である。

    設計に当たっては、戦闘任務への投入を想定していなかったことと予算の制約から、動力がタービンディーゼルとの併用とされ、速力も低く抑えられた。
    船体は商船型構造とされ、候補生の居住施設や実習用の多種多様な兵装が搭載されていた。
    また、本艦が配備される「練習艦隊」には、遠洋航海の際にコース上の各国の主要な港に寄港して、候補生の見聞を広める*5とともに帝国の「親善使節」となる役割もあったため、艦隊指揮官が執務する長官公室は戦艦並みの豪華な内装とされていた。

    しかし、本艦が就役した頃には欧州ですでに第二次世界大戦が開戦しており、また、日米関係も悪化しつつあるという極めて危険な情勢だったため、それまでのように候補生を遠く欧米へ派遣する*6ことができず、1940年に一度だけ行われた練習航海*7も日本近海のみにとどまった*8
    その後、練習艦隊が廃止されたため各艦とも連合艦隊に組み込まれたが、設計上、戦闘任務への投入が想定されていなかったため、火力・速力・装甲防御が大きく劣っており、あまり活動できなかった*9

    性能諸元
    排水量
    基準/公試
    5,890t/6,300t
    全長133.50m
    全幅15.95m
    吃水5.75m (公試状態)
    機関ホ号艦本式専焼缶×3基
    艦本式タービン×2基(4,400hp)&
    艦本式22号10型ディーゼル機関×2基(3,600hp)2軸推進
    機関出力8,000hp
    燃料重油600t
    最大速力18.0ノット
    航続距離7,000nm(12kt(計画))
    乗員士官・水兵315名+候補生275名
    兵装三年式50口径14cm連装速射砲×2基4門
    八九式40口径12.7cm連装高角砲×1基2門
    53cm連装魚雷発射管×2基4門
    九六式25mm連装機銃×2基4挺
    5cm単装砲(礼砲用)×4基4門
    艦載機水上偵察機×1機
    航空設備呉式2号5型射出機×1基

    同型艦
    艦名主造船所起工進水竣工除籍備考
    香取三菱・横浜1938.8.241939.6.171940.4.201944.3.311944.2.17戦没
    トラック島空襲?による)
    鹿島1938.10.61939.9.251940.5.311945.10.5終戦時残存。
    復員輸送後、1947.解体
    香椎1940.5.301941.2.141941.7.151945.3.201945.1.12 戦没*10
    橿原1941.8.23-マル5計画(昭和16年度)計画艦。
    1941.11.6工事中止、解体。

  3. 海上自衛隊練習艦「かとり」(JS Katori TV-3501)
    1960年代に建造された、海自初の専用練習艦。

    それまで海自では、防衛大学校や一般の大学を卒業し、幹部候補生学校の課程を終えた幹部候補生の練習航海に、一般の護衛艦4〜5隻*11艦隊から一時的に外して充てていたが、これは貴重な艦隊戦力の一部である護衛艦を数ヶ月間拘束することになるため、乗員の練度維持に大きな影響があった。
    また、戦闘を想定する護衛艦の艦内スペースには多数の実習員(幹部候補生)を収容する余裕がなく、この点でも問題となっていた。
    これらの問題を解決するため建造されたのが本艦である。

    2.の旧海軍練習艦と同様、船体は商船型構造となっており、このスペースを生かして実習員の居住施設や訓練用の兵装が搭載されていた。
    30年近くにわたって海自幹部候補生の教育に携わってきたが、後継の「かしま?」(JS Kashima(TV-3508*12))に任務を譲って1998年に除籍・解体された。

    性能諸元
    排水量
    基準/満載
    3,350t/4,100t
    全長128m
    全幅15m
    吃水4.3m
    深さ10m
    機関蒸気タービン方式 2軸推進
    石川島播磨2胴衝動型(出力20,000ps)×2基
    石川島播磨FW・D2胴水管型×2基
    速力25ノット
    乗員460名(定数295名、実習員165名)
    兵装68式50口径3インチ(76mm)連装速射砲*13×2基
    68式3連装短魚雷発射管*14×2基
    71式ボフォース・対潜ロケットランチャー×1基
    レーダーSPS-12 対空捜索レーダー
    OPS-17 水上捜索レーダー
    AN/SPG-34 射撃指揮レーダー
    C4IシステムMk63 砲射撃指揮装置
    ソナーAN/SQS-4
    電子戦
    ・対抗手段
    NOLR-1B 電波探知装置
    搭載機なし(ヘリコプター発着甲板*15のみ)

    同型艦
    艦番号艦名主造船所起工進水竣工除籍所属
    TV-3501かとり
    (JS Katori)
    IHI・東京1967.12.81968.11.191969.9.101998.3.20練習艦隊 第1練習隊

  4. 海上保安庁巡視船「かとり(JCG Katori PM-51)」
    昭和時代末期に整備された「てしお」型巡視船の後継として建造された巡視船。
    公称船型は500トン型と呼ばれる。

    本型は、中型巡視船の本来業務である沿岸海域での警備救難に加えて、大型巡視船(PL)の業務もある程度肩代わりできるように設計されている。
    そのため全長は72mとなり、しれとこ型(1,000トン型)巡視船に迫る大型の巡視船となり、耐航性能および曳航能力は大型巡視船と同等にまで強化された。

    兵装として船首甲板にJM61-RFS 20mm多銃身機銃の単装マウントを備えるほか、遠隔操作型の放水砲も搭載されている。

    搭載艇としては、高速警備救難艇と複合艇が1隻ずつ搭載されている。
    災害対応用として、複合艇揚降用のクレーンの直後の船尾甲板上には、12フィート・コンテナを搭載できるようになっている。

    平成26年度予算で4隻、同年度補正予算で2隻、平成27年度補正予算で2隻の計8隻の取得予算が計上されている。

    スペックデータ
    総トン数650t
    全長72m
    全幅10m
    機関ディーゼルエンジン
    ウォータージェット推進×2軸
    速力25ノット以上
    兵装JM61-RFS 20mm多銃身機銃×1門
    FCSRFS(20mm機銃用)
    光学機器赤外線捜索監視装置(RFS兼用)
    遠隔監視採証装置(LIDAR?

    同型艦
    計画年度艦番号艦名建造所竣工・転属所属
    平成26年度PM-51かとりジャパンマリンユナイテッド
    鶴見工場
    2016.11.28銚子(第3管区)
    PM-52---
    PM-53
    PM-54
    同年度補正PM-55
    PM-56
    平成27年度PM-57
    PM-58


*1 八島と初瀬は老鉄山沖で機雷に触れて沈没。三笠は佐世保軍港停泊中、水兵の失火から火薬庫が爆発して沈没していた。
*2 姉妹艦の鹿島も随伴艦として参加している。
*3 このうち、香椎・橿原は海軍初級士官の大量採用を見越して追加発注された艦であるが、橿原は対米開戦に伴ってキャンセルされ、香椎も竣工したものの、練習艦としては使用されなかった。
*4 この他、海軍が医学生に奨学金を貸し付けて軍医としてスカウトし、軍医中尉に任官された者若干名も「研究乗組軍医」という資格で参加していた。
  なお、同じように在学中に奨学金の貸し付けを受け、卒業後に技術将校としてスカウトされた学生は、海軍(技術)少尉任官後、すぐに現場で実習に入るため、遠洋航海には参加しなかった。

*5 当時、多くの日本人にとって海外渡航は「一生に一度あるかないか」の特別なイベントであった。
*6 それまでの遠洋航海は年度によって「欧州コース」「北米コース」「豪州コース」「世界一周コース」があった。
*7 香取と鹿島が参加。香椎は未就役だった。
*8 当初は中国大陸沿岸へ向かう予定だったが、江田島の兵学校を出港後、横須賀に寄港したところで打ち切られた。
  なお、このとき乗艦していた候補生は横須賀から列車で東京へ向かい、皇居に参内した後、そのまま部隊へ配属された。

*9 そのため、開戦当初は連合艦隊隷下艦隊(香取は第6艦隊、鹿島は第4艦隊、香椎は南遣艦隊)の旗艦として、各艦隊の根拠地に単独で繋留されていたという。
*10 仏印キノン湾沖にて米軍機の攻撃による。
*11 艦隊の戦術運動やハイラインによる燃料・物資の補給、標的の曳航・被曳航など、複数の船舶が必要な訓練があるため。
  このため現在でも、遠洋航海は専用練習艦と1〜2隻の護衛艦とで艦隊を組んで行われる。

*12 TV-3502〜3507には、艦隊を退いた旧式護衛艦が種別変更の上充てられていた。
  現在でもこれは続いており、「はつゆき」級護衛艦から種別変更された「しまゆき」「せとゆき」「やまゆき」がそれぞれ「TV-3513(旧DD-133)」「TV-3518(旧DD-131)」「TV-3519(旧DD-129)」となっている。

*13 Mk.33 3インチ砲のライセンス生産品(日本製鋼所製)。
*14 Mk.32短魚雷発射管のライセンス生産品。
*15 実習員の体育訓練や寄港時のレセプション会場としても用いられていた。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS