Last-modified: 2013-05-17 (金) 14:18:27 (1591d)

【行進間射撃】(こうしんかんしゃげき)

戦車などにおいて、走行中に射撃をすること。
停止時からの射撃と比較すると命中させるのがはるかに難しいが、その分敵の攻撃からも回避しやすくなる。
命中させるには高度な射撃管制装置や照準装置、兵員の練度が要求され、行進間射撃の成績によって、その国の兵器の能力と乗員の練度を見極めることもできる。


トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS