Last-modified: 2016-03-18 (金) 09:09:44 (517d)

【航空戦艦】(こうくうせんかん)

戦艦の砲撃能力と航空母艦の航空戦能力を併せ持つ事を目的として設計された艦種。
戦艦が砲撃を行う前段階で艦載機偵察およびファイタースウィープを行うもので、現存する艦種と比較するとイージス艦が最も近い。

古代から現代にいたるまで、この艦を実現したのは旧日本海軍の「伊勢」と「日向」の二隻だけであり、5、6番砲塔を取り払って格納庫と飛行甲板を作るという方式で造られた。

もっとも、当初からそうすることを意図していたわけではなく、本来は全通甲板を張って純然たる空母にする予定だったが、時間と資材がかかるという理由でこの艦種への改装となった。

結果、艦体の半分の長さでしかない飛行甲板では、着艦はおろか新型機の発艦さえ不可能だったので(彗星二二型等はカタパルトで発艦可能)、爆撃可能な水上偵察機「瑞雲」をカタパルトで発艦させ、任務終了後、着水した機体をクレーンで引き揚げる方式となった。
しかし完成時には艦載機の調達もままならず、最終的に両艦は航空戦艦として活躍しないままに呉の海へと沈んだ。


楽観的に見れば当時の技術力における「理想の艦種」*1だが、そこまで楽観的に考えている軍事史家は多くない。
一般に、このような「マルチロール化*2」の目的は性能の向上ではなく、製造や整備や作戦準備を容易にする事(兵站管理の効率化)である。
そして、当時もっとも高価で希少で、かつ用途も限定された兵器であった戦艦と航空母艦をマルチロール化する事にどのような戦略的利点があったかは、確かめる機会もないまま戦艦の時代が終わった今となっては定かでない。
ただし、艦隊戦ではなく偵察・対潜水艦戦を念頭に置いた航空巡洋艦ヘリコプター運用能力を付与した駆逐艦*3フリゲートなどは、実際に多数が建造され就役しているので、航空戦艦も(もし早期に就役して実戦参加できたなら)一定の評価を得ていた可能性はある。


*1 その奇抜なコンセプトゆえ、太平洋戦争を題材に取る「架空戦記」では震電大和と並んで人気のある兵器である。
*2 旧来では複数の兵器に分担されていた用途をひとつの機種で両方行えるよう再設計する事。マルチロールファイターが史上最大の成功例として知られている。
*3 余談ながら、ヘリコプター空母が「ヘリコプターの運用能力を持つ駆逐艦」と公称されたケースもある。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS