Last-modified: 2017-07-05 (水) 20:11:28 (22d)

【航空師団】(こうくうしだん)

Air Division.

航空戦力を活動の中核とする戦闘部隊の単位。「飛行師団」とも。
陸軍師団と同様、原則として6,000〜15,000人程度の集合とされ、戦略上の基本単位となる。

なお、陸軍空挺師団(Airborne Division)は航空師団には含まない。
空挺師団はしばしば航空団を保有して空戦能力を持つが、これは近接航空支援を想定した編制で、戦略レベルでは陸上戦力として扱われる。

国・時代によってその位置づけには細かな差異がある。
以下にその一例を述べる。

アメリカ空軍
空軍創設の1948年から「序数航空軍と航空団を中継する単位」として運用されていたが、1992年の再編で廃止された。
制度廃止後は隷下の航空団が師団規模まで拡大・統合された。

陸軍の旅団相当と見做されていたせいか、師団長は概ね准将であったが、一部に少将や大佐が充てられた。
なお、現在のアメリカ空軍の航空団は、おおむね陸軍の1個師団に相当する。
ソ連→ロシア空軍
かつて、3個の飛行連隊を束ねた上級単位として航空師団を編成していた。
師団長には大佐ないし少将が充てられていた。
現在は再編によって連隊・師団ともに廃止され、代わりに「航空基地」を編制単位としている。

未確定だが、今後、再度の再編成で航空師団の制度が再度導入される動きもあるという。
イギリス空軍
「飛行集団(Group)」が一個航空師団に相当。司令官は代将ないし少将
1940年代のバトル・オブ・ブリテン以降、飛行隊の直上に司令官を置く簡素な指揮系統が採用されている。
旧日本陸軍航空隊
複数の飛行団を束ねる上級司令部として編成されており、「飛行集団」をその前身とする。
師団長は中将職だが、実際には少将も「師団長心得」としてその職にあった。
太平洋戦争末期には本土防空戦のために指揮系統が簡素化され、飛行師団司令部が直接戦隊を指揮するようになった。

なお、実戦部隊を擁する師団のみが「飛行師団」、教導部隊などは「航空師団」として区別されていた。
航空自衛隊
旧陸軍航空隊の「飛行師団」に相当する組織として、航空総隊隷下の「航空方面隊*1がある。

*1 かつては航空方面隊の他に「航空混成団」という部隊もあったが、2017年7月1日を以て航空方面隊に改編され、廃止された。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS