Last-modified: 2015-04-13 (月) 21:12:03 (861d)

【五式15cm高射砲】(ごしきじゅうごせんちこうしゃほう)

大東亜戦争末期、日本陸軍が開発した超大型高射砲
B-29による本土への戦略爆撃に対抗すべく開発された。

2門が試製され、東京都郊外の久我山(現在の杉並区)の陣地に配備された。
そして昭和20年8月2日、最初の実戦でB-29を2機撃墜する戦果をあげる。
このときすでに日本軍は組織的な抵抗力を殆ど失っており、米軍にとってはまさに青天の霹靂であった。
この後、久我山周辺は飛行禁止に指定された。

この件は「久我山の高射砲伝説」として伝わっているが、飛行禁止指定と高射砲による戦果(損害)は全く無関係であるとも言われている。
米軍側の資料では、8月2日に撃墜されたB-29は千葉上空で五式戦闘機による体当たりを受けた1機だけであり、あくまでも久我山高射砲の伝説として伝わるのみである。

敗戦後、米軍により接収され一門は廃棄、もう一門はアメリカ本土に輸送中の事故により損失している。

参考リンク:http://www10.ocn.ne.jp/~kuushuu/mia.html

性能諸元

採用年紀元2605年(西暦1945年)
口径150mm(口径の詳細は149.1mm)
砲身重量9.2t
砲身長9m (60.35口径)
射界俯仰角0〜+85度 方位360度
砲弾重量約90kg
弾薬重量約50kg
最大射程26,000m
最大射高19,000m
発射速度約6秒/発

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS