Last-modified: 2016-10-25 (火) 14:32:40 (149d)

【源田サーカス】(げんださーかす)

1930年代初頭、大日本帝国海軍において、非公式に結成されたアクロバットチームの通称。
編隊長を務めた源田実(1904年生〜1989年没。当時海軍大尉*1)からこの名がついていた。

海軍航空隊の当時の主力機であった「九〇式艦上戦闘機?」3機で編隊を組み、巴宙返り編隊宙返りなどの曲技飛行*2を披露した。

当時、一般国民からの寄付金による陸海軍への航空機の献納が盛んに行われていたが、同チームは海軍への航空機(「報国号」)献納式の際のデモンストレーションとして演技を披露していた。

なお、源田は大東亜戦争終戦後、(GHQによる公職追放処分を経て)航空自衛官として防衛庁へ入り、航空総隊司令官や航空幕僚長などの要職を歴任した*3が、航空幕僚長就任後の1959年12月、アメリカ空軍サンダーバーズ日本公演を見たことを契機に「日本独自の曲技飛行隊」設立の構想を打ち出した。
この構想は、後に「ブルーインパルス」として結実することになった。


*1 海軍での最終階級は大佐。
*2 これらの飛行は、後の航空自衛隊でもやっていないような演目もあり、列機が姿勢を崩さない見事なものであった、という。
*3 航空自衛隊での最終階級は、他国であれば「空軍大将」にあたる「(航空幕僚長たる)空将」だった。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS