Last-modified: 2016-02-14 (日) 13:26:48 (616d)

【減炎器】(げんえんき)

Flash suppressor.

銃の発射時に装薬の燃焼で生じる炎を隠す機構。
「消炎器」「フラッシュハイダー」とも。

銃からの閃光によって敵に発見されたり、射手自身が眩さで目を惑わされるのを防ぐ。
特に夜間の銃撃戦や、大量の炎を生じるフルオート火器では事実上必須の機構とされる。
法制上の規制対象となる場合があるため、民間用にはほとんど用いられていない。
同様の理由から、民生用と規格を共有する拳銃散弾銃狙撃銃(猟銃)でもほとんど用いられない。

法体系によるが、減炎器を組み込んだ設計は「フルオート射撃が可能な設計」とみなされる傾向にある。
実際、単発の射撃においては減炎器の有無はそれほど実用上の問題にならない。
また、民生品をフルオート射撃できるよう違法改造する場合、減炎器の自作は困難である。

基本的には銃口に小室を設けて発射ガスを冷却しつつ、射手の視点から離れた位置から放射する。
その構造上、コンペンセイターマズルブレーキを兼ねている事が多い。

初期は銃口を三又式に分割したり、左右にスリットを設ける事が多かった。
現代では突起のないコンパクトな鳥籠のような形状が主流。


トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS