Last-modified: 2017-05-01 (月) 21:06:48 (228d)

【原子力艦再利用プログラム】(げんしりょくかんさいりようぷろぐらむ)

Ship/Submarine Recycling Program(SRP).

アメリカ海軍において、旧式化した原子力艦船(水上艦潜水艦)を処分するために行われるプロセス。
ワシントン州ブレマートンのピュージェット・サウンド海軍造船所で実施されている*1

このプログラムによって処分される艦船は、まず原子炉に装荷されている核燃料を撤去され、同時に艦名を「USS-Name」→「ex-Name(元xxx)」と改められる*2
撤去された核燃料はアイダホ州にある「アイダホ国立研究所」内の「海軍原子炉施設」に鉄道輸送され格納される(再処理は行わない)。

その後、船体はピュージェット・サウンドに曳航され、前部・原子炉区画・(あれば)ミサイル区画・後部の3つか4つに切断される。
ミサイル区画は「戦略兵器削減条約」に従って解体され、原子炉区画は両端を密閉した上、ワシントン州ハンフォード・サイトへ運ばれて埋立処理される。
残りの部分は有害物質を除去した上でスクラップとして売却、あるいは再利用される*3


*1 なお、プログラムの準備作業は同造船所以外でも行われている。
*2 この時、同時に再利用可能な設備も取り外される。
*3 当初は保管したうえで実艦標的などに使うことも検討されたが、環境保護局と沿岸警備隊から「有害物質の除去」を要請されたため現在の形になったという。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS