Last-modified: 2016-08-23 (火) 18:01:19 (277d)

【軽巡洋艦】(けいじゅんようかん)

Light Cruiser.
かつて定義されていた軍用艦艇の国際定義。

  1. 防護巡洋艦より発展した艦種で、正式には軽装甲巡洋艦と呼称され、装甲巡洋艦やその発展型の巡洋戦艦と対置される。

  2. 「カテゴリーB巡洋艦」「二等巡洋艦」「軽巡」「乙巡」などと表記する場合もある。
    1930年にロンドン海軍軍縮条約で定義され、条約による保有制限対象となった。
    条約で定められた定義は「5.1インチ以上6.1インチの口径艦載砲を搭載する10,000トン以下の艦」。

    主に駆逐艦潜水艦部隊の旗艦や、空母機動部隊の護衛などに従事した。
    また、比較的安価な艦であるため、兵装実験などの極端な運用が為される事も多かった。
    後には重巡洋艦に準じた防御力を持つ1万トン級*1の大型艦や、両用砲を主砲とする防空艦が建造されるようになった。
    但し、投射弾量に勝る*2ため、運用さえ誤らなければ、重巡よりも強力な戦力となり得る*3

    第二次世界大戦終結後は対艦ミサイルの発達に伴い、大型艦載砲の需要が喪失。
    それに伴い、主砲の口径に基づいて艦を分類する事自体が無意味になり、巡洋艦として再分類された。

*1 アメリカ海軍の「ウースター級」は6インチ連装両用砲6基を持ち、2万トン近い大艦になったという。
*2 夜間の乱戦で日本の重巡がアメリカの軽巡にいい様に叩かれたという。
*3 特に重巡並の防御力を持つ1万トン級の艦はその傾向が顕著であった。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS