Last-modified: 2016-07-24 (日) 10:38:43 (389d)

【計器着陸装置】(けいきちゃくりくそうち)

Instrument Landing System(ILS).
着陸進入中の航空機に対し、指向性電波を発射して着陸コースを指示する装置。

関連:ローカライザー? グライドスロープ? 計器飛行方式

カテゴリー

ILSは、ICAOによって次のように精度のカテゴリーが指定されている。

カテゴリー着陸決心高度滑走路視程距離(RVR)備考
カテゴリーI
(CAT I)
200フィート(60m)以上550m以上管制塔から航空管制官が行う「着陸誘導管制」が
これに相当するものとして扱われている。
カテゴリーII
(CAT II)
100フィート(30m)以上
200フィート(60m)未満
350m以上
カテゴリーIIIA
(CAT IIIA)
100フィート(30m)未満
または設定なし
200m以上
カテゴリーIIIB
(CAT IIIB)
50フィート(15m)未満
または設定なし
75m以上200m未満
カテゴリーIIIC
(CAT IIIC)
外視界ゼロでも
着陸・地上滑走可能*1
ゼロ主に濃霧が発生しやすい
飛行場空港に設置されていることが多い。



*1 ただし実際には、この条件で着陸できても着陸後の地上滑走が困難であり、支援車両や緊急車両も対応に向かえないため、この条件での運用例はない。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS