Last-modified: 2016-09-11 (日) 14:55:15 (198d)

【軍旗】(ぐんき)

軍隊において、部隊が所属する組織をあらわす標識として用いられる旗。

近代以後の陸軍では「連隊」が基本編制となったため、特に連隊単位の組織に対して軍から交付された旗のことを指す。
このため、部隊所属将兵の団結の象徴*1として大切に扱われ、また、それを敵に奪われる事は最大の恥辱とされ、そのような事態が起きると関係者は厳しく処分された。

かつては司令部の所在を示すため、平時・戦時を問わず常に携行・掲揚されていた。
しかし、無線通信の発達と共に存在意義を失い、今日では式典・儀礼でのみ用いられる。

関連:軍艦旗

旧日本陸軍における「軍旗」

旧日本陸軍での軍旗は、各地の歩兵連隊・騎兵連隊に対する「連隊旗」として、(明治憲法で「全軍の最高指揮官である」とされた)天皇から下賜されていた。

歩兵・騎兵連隊が新たに編成されると、初代の連隊長と連隊旗手に指名された将校は正装して皇居に参内し、勅語*2と共に天皇から軍旗を授けられた。
連隊は軍旗を下賜された時点で発足したとみなされ、それ以前は正式な部隊として認められなかった。

こうした経緯で交付されたものであるため、連隊発足後に軍旗が再交付される事は基本的になく*3、たとえ布地や付属部品が劣化・破損しても修復することすら許されなかった。
このため、長い歴史を持つ伝統豊かな部隊では「旗の一部が裂けたり無くなったりしている軍旗」「房が旗から分離した軍旗」「房と旗竿しか残っていない軍旗」などというものもざらに存在し、そのことを以って「部隊の歴史・伝統」を誇るようになっていった。

これについては日本人の宗教観との関連性も指摘されている。
古代日本における「旗」の起源は神道の幣束(神への捧げ物とされた装飾品)である。
軍旗は武士が戦勝を祈願するための幣束であり、図案も全て神仏を勧請するための祭祀であった。
天皇が下賜する「錦の御旗」はこの極致であり、あらゆる神仏が御旗を通して加護を授けると信じられた。

軍旗を担当する「連隊旗手」には、陸軍士官学校を卒業してから日の浅い若手の少尉・中尉が指名された。
選考基準は「長身・眉目秀麗かつ容姿端麗な者*4」とされていた。
またこの他に、連隊本部には旗手の業務を補助するためのスタッフとして「誘導将校」や「軍旗衛兵」が配置され、加えて、戦時には軍旗を守るために1個中隊相当の兵力*5が割かれるなど、他国軍に比べても旗の保持には非常に神経を使っていた。

やがて、騎兵連隊は機械化に伴って連隊旗を返納し*6、連隊旗は歩兵連隊だけのものになっていった。

1945年の大東亜戦争終戦に伴い、「敵の手に渡さないように」と、戦線各地に残存した連隊が持つ連隊旗*7が奉焼(焼却処分)され、ほぼ全てが焼失。
現在では、わずかに歩兵第321連隊*8の連隊旗のみがほぼ完全な形*9で残存しており、東京・靖国神社の「遊就館」に展示保存されている。

関連:乃木希典

軍旗祭

旧軍では天皇から旗を下賜された日を連隊の創設記念日とし、毎年「軍旗祭」を開催していた。
この日は、平時なら普段は連隊長室に安置されている軍旗が外に出され、訓練・演習も休みとなる。
兵舎は周辺住民に開放され、将兵は軍旗や連隊長・来賓に対する栄誉礼・分列行進を行ったり、兵器の展示・余興や模擬戦展示・模擬店などを催していたという。

現在の自衛隊であれば、各地の駐屯地・基地で毎年催される「開設記念式典」や「ちびっ子ヤング大会」に近しいものである。


*1 海軍艦艇では「軍艦旗」が同様の機能を果たしているが、旗の扱いには異なる部分が多々ある。軍艦旗の項も参照。
*2 基本的には
  「歩兵(騎兵)第○聯隊編制成ルヲ告ク。仍テ其軍旗一旒ヲ授ク。汝軍人等協力同心シテ益威武ヲ宣揚シ我帝國ヲ保護セヨ」
  というものであったが、時代・状況によりこれとは異なる勅語が下されていた、とする資料もある。

*3 ただし、何らかの事情で軍旗が失われた連隊に対し、例外的に軍旗が再交付されたケースも少数ながら存在する。
*4 加えて、旗手には暗黙の了解として「禁欲」が求められていた。
*5 実際には連隊本部付属の予備兵力として運用されていた。
*6 に代えて軽戦車豆戦車を配備し「捜索連隊」と改められたためである。
  しかし、近衛師団(後には近衛第1師団)隷下の「近衛騎兵連隊」など、最後まで(乗馬)騎兵部隊だった騎兵連隊も少数ながらあった。

*7 この他、軍縮や組織改編で廃止された連隊から返納され、陸軍省が保管していた連隊旗も含む。
*8 1945年5月、第230師団隷下部隊として千葉県・佐倉で編成。終戦時は岡山県下に駐屯していた。
*9 これは、連隊長が軍旗の喪失を惜しみ、旗竿を納めた「奉安箱」だけを燃やし、旗本体を1952年の主権回復まで別の場所に隠したためであった。
  そのため、これも旗竿だけは戦後の復元品である。


トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS