Last-modified: 2015-09-27 (日) 08:35:59 (544d)

【軍艦旗】(ぐんかんき)

海軍艦艇が所属をあらわす標識として用いる旗。
国際法上の原則として、これを掲揚しない艦艇は軍艦として認められない。
また逆に、内火艇やボートでも軍艦旗を掲げていれば法的には軍艦とみなされる。

「合法な軍艦と認められない武装船舶」とは、すなわち海賊船である。

その性質上、標識として厳重に管理される。
汚れや破損による誤認が生じないよう、常に万全に整備され、予備も用意される*1

その取り扱いは、国際慣習でおおむね次のように定められている。

  • 停泊中は午前8時から日没まで、航海中は常に艦尾に掲揚する。
  • 停泊中は軍艦旗とは別に「艦首旗」として艦首の旗竿に国籍識別の旗を掲揚する。
  • 戦闘中は軍艦旗とは別に「戦闘旗」として軍艦旗と同じ図柄の旗をメインマストに掲揚する。
    なおこの時、艦尾の軍艦旗は降下させて旗竿を収納する。
  • 艦長ないしその代理(副長もしくは当直将校)の権限を以て命じた時を除き、掲揚・降下してはならない。
  • 軍艦旗を掲揚・降下する際、その艦の全乗組員、および目撃した海軍将兵は敬礼を行う*2
  • 民間船舶は軍艦とすれ違う際、マストに掲げた国旗を半下して敬礼を示す(「半旗」)。
  • 民間船舶の敬礼を受けた軍艦は軍艦旗を半下して答礼し、併せて国際信号旗「U」「W」を掲揚する(「安航を祈る」の意)。

なお、一部の艦艇は艦の構造上、上記の慣習に従うのが困難である。
そのような場合、必要な時に軍艦旗の図案が視認できれば良いものとされる。

例えば、潜水艦は浮上時にのみ上記の慣習に従って旗を掲揚する。
艦首や艦尾に旗を掲げる構造がないため、ハッチ付近に竿を立てて国旗を掲揚するのが一般的である。

また、エアクッション艇などのように、安全上の理由から旗の掲揚そのものが不可能な艦艇もある。
このような例外的事例では、船体の目立つ箇所に軍艦旗の図案を塗装して代替とする。

関連:Z旗

諸国の軍艦旗

特に理由がなければ、軍艦旗には国旗を用いる。
しかし、いくつかの海軍は国旗とは別の軍艦旗を制定している。
以下にその一例を示す。

アメリカ海軍
帆船・錨・鷲をあしらった、図案というより紋章に近い独特な軍旗を用いる。
また、国旗の図案として「属する州の数に等しい星」を用いる性質上、歴史的に国旗が一定しない。
国籍識別に際しては13本の紅白のストライプ、または青地に星を散りばめた図案が用いられる。
また、現役最古の艦は特別に、紅白ストライプにガラガラヘビと標語*3をあしらった独立戦争当時の図案の旗*4を掲揚する。
ロイヤルネイビー(英国海軍)
軍艦旗は白地に赤十字、左上部分にユニオン=ジャックをあしらった「ホワイト・エンサイン」。
艦首旗はユニオン=ジャック。
また、予備役将校が指揮する商船では軍艦旗の白地を青に置き換えた「ブルー・エンサイン」を掲げる。
ロシア海軍
17世紀末、ピョートル大帝が白地に青十字の「聖アンドレイ旗」を軍艦旗と定めた。
ソビエト連邦ではこの伝統が破棄されたが、ソ連崩壊後は再び聖アンドレイ旗を掲げている。
日本(海上自衛隊
赤い丸の周囲に16本の紅白ストライプを配した「十六条旭日旗」を軍艦旗とする*5
国内慣習上、十六条旭日旗は国旗として扱われる。
艦首旗には正規の国旗(「日章旗」)を用いる。

*1 この点、国際慣習に関連しない陸軍軍旗とは様相が異なる。
*2 艦橋や露天甲板にいる者はその旗に対して挙手の礼を行い、その他の場所にいる者は起立して姿勢を正す敬礼を行う。
*3 "DON'T TREAD ON ME"という言葉で「俺(の自由)を踏むな」という意味である。
*4 "OLD NAVY JACK"と呼ばれる旗。現在は1975年就役の原子力空母ニミッツ(USS Nimitz CVN-68)」が保有している。
*5 海上自衛隊は軍艦旗を「自衛艦旗」と称しているが、これは官僚制度上の言葉遊びに過ぎない。通例上、自衛艦旗は軍艦旗である。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS