Last-modified: 2014-11-04 (火) 07:33:22 (1050d)

【軍楽隊】(ぐんがくたい)

Military Band*1.

軍隊の管理下に置かれた楽団。
軍の教育機関で「特技」として音楽教育を施された兵士*2、もしくは軍属として雇い入れた音楽家により構成される。
野外演奏のために大きな音量が必要とされることから、基本的には管楽器と打楽器による「吹奏楽」の形態を取る。

歴史的には、指揮官の機動命令を末端の兵士まで迅速に伝えるための「信号」として、打楽器や笛で大きな音を出した事に始まる。
また、戦闘時に兵が恐怖に駆られて敵前逃亡しないよう、また歩調を合わせやすいよう、勇壮な音楽を鳴らしながら行進させる事も必要とされた。
当時の軍楽隊は伝令の一種として、歩兵砲兵騎兵らと共に不可欠な正面戦闘部隊の一員であった。

しかし近世以後、塹壕戦散兵戦といった戦術が採用されると、前線に軍楽隊の居場所はなくなってしまった。
以降の軍楽隊は将兵の慰安や士気高揚、儀仗としての演奏などを主任務とするようになっていた。
儀仗では伝統的な吹奏楽の技術が継承されるが、慰安においては時代に応じた選曲が行われている*3

関連:タトゥー 自衛隊音楽隊


*1 余談だが、英国ではこの言葉を「軍隊式の演奏方式」として、民間人で編成された楽団に対しても用いる事がある。
  これは、労働者階級で広まった「金管バンド(brass band)」と区別するため、といわれている。

*2 軍楽隊で習練を重ねた兵士が、退役後に民間の楽団で活動する音楽家に転身する事も多い。
*3 現代では主にジャズ・ロック・母国のポピュラー音楽・映画音楽・民俗音楽など。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS