Last-modified: 2021-07-15 (木) 18:39:20 (94d)

【空弁】(そらべん)

旅客機の機内で食べる事を想定して製造販売されている弁当。「空港の弁当」の意。
基本的には日本国内に限定した文脈で扱われる語であり、海外事情については考慮されない事が多い。

航空旅客業界の変遷に伴って1990年代に販路が拓かれたもので、特に以下の事由で需要が伸びたとされる。

  • 国内線での機内食の廃止。航空運賃の自由化(45/47体制の崩壊)によって生じた価格競争に因る。
  • 空港施設内の飲食店の需要減。電子航空券の普及により、乗客の空港滞在時間が大幅に短縮された事に因る。

鉄道における「駅弁」と同様、地域の独自色を打ち出し、空港所在地の名産品を積極的に用いる傾向にある。
ただし、陸上・水上の乗り物のように自由な換気ができず、洗面所の利用も困難な旅客機での利用を想定し、匂いの強い食品・手の汚れる食品は避けられる。
また、エコノミークラスのような狭いキャビンを想定し、一般的な弁当よりも小さな箱に詰め込まれる。

関連:機内食


トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS