Last-modified: 2018-10-21 (日) 11:29:53 (51d)

【空中魚雷】(くうちゅうぎょらい)

1920年代に、アメリカ陸軍航空隊のウィリアム・ミッチェル*1が提唱した空中発射型兵器。
爆撃機に搭載され、航空機のように推力主翼を持ち、ジャイロにより無人で自律した誘導と姿勢制御を行って目標へ突入、数百〜数千ポンドの爆薬によってこれを破壊するものとされていた。

後に巡航ミサイルとして実現化された。


*1 後にB-25爆撃機愛称にその名を残すことになる。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS