Last-modified: 2011-12-23 (金) 20:21:19 (2160d)

【金門馬祖上空戦】(きんもんばそじょうくうせん)

1958年に、台湾海峡上の金門馬祖において中国国民党軍(台湾・蒋介石軍)と中国共産党軍(人民解放軍)の間でおこなわれた空中戦

国民党側のF-86FはGAR-8サイドワインダー(後にAIM-9B)を装備し、機関砲のみを装備する倍の数の共産党側MiG-17に対し圧倒的勝利を収めた。

この戦闘では、史上はじめて、実戦に実用的な空対空ミサイルが投入され、また空対空ミサイルによる撃墜戦果が記録された。
この際、MiG-17の尾翼に命中した1発のGAR-8不発で突き刺さり、しかも運良くこの機体が帰還したことから、ソ連によって回収リバースエンジニアリングされ、AA-2アトール及び霹靂2の開発の元となったと言われているが、真相は定かでは無い。


トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS