Last-modified: 2017-02-18 (土) 13:51:40 (69d)

【近衛師団(日本)】(このえしだん(にほん))

各部隊の概要
部隊名創設廃止兵種最終上級部隊最終所在地
近衛第1師団1943年*11945年軽歩兵東部軍管区東京
近衛第2師団1891年*2自動車化歩兵第25軍スマトラ島・メダン
近衛第3師団1944年*3軽歩兵第52軍千葉県・成東


旧日本陸軍における師団のひとつで、親衛隊に相当する部隊
主な任務は「禁闕守護(きんけつしゅご)*4」及び「鳳輦供奉(ほうれんぐぶ)*5」の二つであった。

本師団のルーツは1871年(明治4年)、薩摩・長州・土佐の三藩から派出された人員で編制された「御親兵(ごしんぺい)」であった。
当初、部隊は禁闕守護の他、「徴兵令」で入隊した兵士への基礎教練も受け持っていた*6

やがて近代国家の体裁とそれに見合った軍制が整ってくると、御親兵は「近衛」を経て1891年に師団編成に改編され、「近衛師団」となった。
これ以降、禁闕守護や鳳輦供奉にあたる一方、戦時には野戦師団のひとつとして、必要に応じて戦地へ派遣された*7

そうした経歴から、当時の帝国陸軍において最精鋭・最古参の部隊として知られていたが、一方で、「竹橋事件」「二・二六事件」「宮城事件*8」といった反乱に関与する事も多かった。

関連:親衛隊 第82空挺師団(アメリカ軍) 政経中枢師団

帝国陸軍の「エリート部隊」として

徴兵制を採用していた当時の軍では、兵には部隊所在地・鎮守府近隣の出身者を充てることが原則となっていたが、近衛師団はこの原則の対象外であった。
本師団に配属される兵員は、毎年、全国各地で行われる「兵役検査」において、特に眉目秀麗・姿勢良好な者が選抜の上配属された。

ただし、1940年からは基準が改められ、東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨の各府(都)県出身者のみを配属させるようになった*9

また、明治憲法下での皇太子は将来、皇位を継いで全軍の最高指揮官(大元帥)となることから、陸軍士官としての軍籍を与えられており、実際、大正天皇および昭和天皇は、皇位に就くまで本師団隷下の「近衛歩兵第1連隊」附士官として籍を置いていた*10*11

このようなことから、兵として本師団へ配属されることは慶事とされ、所属していた兵士は退役して在郷軍人になった後も、地域社会でさまざまな特別扱いを受けていたという。

また、こうした特別扱いのため、将兵が着用する制服にも以下のような特色が与えられていた。

  • 制帽の鉢巻部分、騎兵制服の飾り紐が、近衛兵のみ赤色だった
  • 騎兵が着用していた『ドルマン式上着』が、一般師団で廃止された後も『近衛騎兵下士官供奉服』として使用され続けた
  • 軍帽につく帽章『五芒星』の周りに桜葉の飾りがついていた
  • 制服は常に新品が支給され、その古着が一般部隊へ回された

支那事変〜大東亜戦争にて

前述のとおり、本師団は帝国陸軍の一般的な歩兵師団と同様、4個近衛歩兵連隊及び1個近衛騎兵連隊を中核とする野戦型の編制を採っている部隊であり、必要に応じて戦地へ派遣することも可能な体制をとっていた。
しかし実際には、1904年〜1905年の日露戦争への動員以後、30年以上実戦への出動がなく、1937年に支那事変が勃発した当初も、内地の各師団が順次動員される一方で本師団への出動命令は出されなかった*13
このため、動員を受けた他の師団から「あれはおもちゃの兵隊か」と揶揄されることもあり、当時の師団長が昭和天皇と面会した折に「将兵一同は皆出征を希望しております」と具申するほどだった*14

こうした経緯から、1939年に師団の一部部隊を以て「近衛混成旅団」が編制され、実戦に投入されることになった。
近衛混成旅団は第21軍の隷下に組み込まれ、広東や南寧で激戦を繰り広げた後、第22軍の隷下としてフランス領インドシナ(現在のベトナム)へ進駐した。

インドシナ進駐後、近衛歩兵第1・第2連隊など一部の部隊は復員して東京へ戻り「留守近衛師団」となったが、近衛歩兵第3〜第5連隊等の部隊はそのまま現地に残り、第25軍隷下で「近衛師団」となって大東亜戦争の開戦を迎え、緒戦のマレー・スマトラ攻略戦では他の師団と共に活躍した。
その後、昭和18年(1943年)に留守近衛師団として東京に残留した部隊の兵員を基幹に「近衛第1師団」を新たに編成し、本来任務である皇居・皇族の警備や儀仗を受け持たせるとともに、スマトラに駐留した兵力を以て「近衛第2師団」を編成。
近衛第2師団は、終戦までスマトラ島に駐留して現地の守備に当たっていた。

また、終戦直前には留守近衛第2師団*15の兵員を基幹として「近衛第3師団」が新たに編成された。
近衛第3師団は千葉県・成東(現在の山武市)に駐留し、連合国軍地上部隊が関東地方東部(千葉県もしくは茨城県の太平洋沿岸)に上陸侵攻した際には、「機動打撃師団」として内陸部で待機している他の師団と共に、増援として敵の海岸堡に突入してこれを撃破する任務を与えられていたが、ポツダム宣言受諾により日本が降伏したため、実戦には参加しなかった。

その後

連合国による占領統治によって軍が解体された後、皇居・皇室の身辺警護は宮内省隷下の「禁衛府*16」が受け継ぐこととなり、近衛第1師団に属していた将兵の一部は隷下に新設された「皇宮衛士総隊」という組織に転じた*17
しかしこれも占領軍GHQ)の命令によってまもなく廃止された。

これは、第一次世界大戦後のドイツの再軍備が警察軍を基になされた事*18*19に因み、日本が同様の過程を経て再軍備する可能性を排除する意図があったと思われる*20

現在、かつて近衛(第1)師団が負っていた「皇居・皇室の警護」任務は警察庁の「皇宮警察」に引き継がれている。
また、警視庁第1機動隊は皇居最寄りに隊舎があることと儀仗隊を持つことから「近衛」というニックネームがある。


*1 留守近衛師団を母体として創設。
*2 「御親兵」としての創設は1871年。
*3 留守近衛第2師団を母体として創設。
*4 皇居の警備や皇室・皇族の身辺警護。
*5 儀仗として皇室の儀式に参列すること。
*6 これは維新当時、明治政府が直接管制していた軍事力がきわめて弱く、兵力の根幹を旧討幕派諸藩に頼らざるを得なかったためでもあり、徳川幕府の崩壊によって生じた軍事的空白を、旧倒幕派の諸藩が埋めた形となる。
*7 しかし実際には、「天皇・皇族の親衛隊」としての任務とのかかわりから、後述のとおり動員の優先順位は低かった。
*8 昭和20年8月14日〜15日にかけて、ポツダム宣言の受諾による大日本帝国の降伏を阻止すべく、陸軍省及び近衛第1師団に勤務する一部の参謀将校が中心となって起こしたクーデター未遂事件。
  近衛第1師団長を殺害し、偽の師団長命令を出して隷下部隊を動員して政府諸機関の制圧を図り、同時に昭和天皇の詔勅が録音された「玉音放送」のレコード盤を奪取しようとしたが失敗している。

*9 これは、それまで同地の軍政を担当していた第1師団が恒久的な拠点を満州に移し、本師団が関東地方南部の軍政を担当するようになったためであった。
*10 同時に海軍士官としての軍籍も与えられており、そちらでは「第1艦隊司令部附」という配置になっていた。
*11 なお、今上天皇も太平洋戦争中の皇太子時代に軍に任官される年齢*12を迎えていたが、昭和天皇の意向により軍籍は与えられなかった。
*12 当時、皇太子は満10歳で陸軍少尉兼海軍少尉に任官され、近衛歩兵第1連隊及び海軍の第1艦隊に配属されることになっていた。
*13 これは本師団が皇居・皇族の警備や儀仗も任務とする「親衛隊」であったことも影響していると思われる。
*14 この具申を受け、昭和天皇は「そんなに皆、出たがっているのか」と驚いたという。
*15 東京に残留した留守近衛師団隷下部隊のうち、近衛第1師団に編入されなかった部隊。
*16 当時、宮内省隷下にあった皇宮警察と近衛第1師団を統合した武装組織。
*17 しかし、元近衛師団将兵の多くは、徴兵の結果近衛師団に配属されただけであり、終戦後の混乱から一日も早く復員して帰郷したいという希望が多かった。
  そのため、翌年2月に宮内省が民間から採用した衛士候補者と交代で罷免されている。

*18 旧陸軍の高級将校の中には、禁衛府を将来の再軍備の基礎として期待していた向きもあり、軽機関銃の他、砲塔を取り外した軽戦車を隠し持つことも検討していたという。
*19 第二次世界大戦後に分割されたドイツでも、東ドイツが同様の過程で再軍備している。
*20 しかしその後、朝鮮戦争の勃発によって警察軍に相当する武装組織「警察予備隊」が創設されることになる。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS