Last-modified: 2020-01-19 (日) 16:46:53 (5d)

【宮崎空港】(みやざきくうこう)

宮崎県宮崎市の大淀川沿いに位置する空港
愛称は「宮崎ブーゲンビリア空港」。

第二次世界大戦時の1943年、旧日本海軍によって「赤江飛行場」として同地に開設。
終戦後は連合国軍により接収されていたが、1954年に航空大学校の訓練飛行場*1として運用が再開され、その1ヶ月後に民間航空が運航を開始している。
長距離陸上交通の不便さに加え、1960年代の新婚旅行ブームなども重なって当初より利用客が多く、早くから各種の設備が整えられていき、地方空港のパイオニア的存在として有名になった。

1970年代に滑走路を2500mに延長する計画が出されたが、地元との漁業補償が難航したため、新田原基地の軍民共用化も検討されたが、最終的には交渉を妥結させ、滑走路の延長を成し遂げている。

空港情報

種別拠点空港(国管理・旧第二種
滑走路2,500m×45m(09/27)
3レターコードKMI
4レターコードRJFM
ILSあり
設置・管理者日本国政府(国土交通省)

就航路線

全日本空輸*2東京国際空港中部国際空港伊丹空港福岡空港
日本航空*3東京国際空港・伊丹空港・福岡空港
ソラシドエア*4東京国際空港・那覇空港
ピーチ関西国際空港
ジェットスター・ジャパン*5成田空港
オリエンタルエアブリッジ*6福岡空港
チャイナエアライン*7台湾桃園国際空港(中華民国)
アシアナ航空*8仁川国際空港(大韓民国)
イースター航空仁川国際空港(大韓民国)

所在の官公庁航空組織

  • 独立行政法人航空大学校
    宮崎本校キャンパス(ビーチクラフトA36「ボナンザ」を装備)
  • 宮崎県警察本部生活安全部地域課
    宮崎県警察航空隊(EC135T2+を装備)
  • 宮崎県庁総務部危機管理局消防保安課
    宮崎県防災救急航空隊(ベル412EPを装備。運航は鹿児島国際航空に委託)

*1 現在も滑走路北側に航空大学校の宮崎本校キャンパスがある。
*2 ANAウイングスの機材で運行する便あり。
*3 ハワイアン航空とのコードシェア便
*4 全日本空輸とのコードシェア便。
*5 日本航空とのコードシェア便。
*6 全日本空輸とのコードシェア便。
*7 日本航空とのコードシェア便。
*8 全日本空輸とのコードシェア便。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS