Last-modified: 2013-02-25 (月) 23:52:34 (1756d)

【気球】(ききゅう)

軽航空機の一種で、推力を持たず、気嚢にゴンドラを吊り下げただけの単純な形態のもの。
乱暴な言い方をすれば「ペイロードのぶら下がった風船」であり、もっとも単純な航空機といえる。
人類が(高所からの落下などを除いて、地面から飛び立つという意味で)「空を飛ぶ」ことを実現した最初の乗り物である。

気嚢に水素やヘリウム等を詰めたガス気球と、気嚢の下に開いた穴からバーナーで中の空気をあぶり、熱膨張で浮力を得る熱気球とに大別される。

高度の操縦はある程度可能であるが、基本的に水平方向への操縦手段がなく、文字通り「風任せの乗り物」である。
したがって気流の風上から離陸して風下に向かうか、地上との間に索を取り付けて風に流されないようにするかのいずれかで用いられる。
前者を自由気球、後者を係留気球と呼ぶ。
自由度の低い乗り物*1のため、用途はスポーツや大気観測*2等に限られるが、航空史の初期においては観測機として使われた他、風船爆弾?阻塞気球といった変わった使い方も存在する。

飛行中、高度の操縦は下記のような方法で行われる。

  • 気嚢からガスを抜くか、熱気球の場合は中の空気が冷えるのを待つことにより下降する。
  • あらかじめゴンドラに積んでおいたバラスト(錘)を捨てることにより上昇する。
  • ガス気球の場合はガスタンクから気嚢へガスを補充することで上昇する。
  • 熱気球の場合はバーナーで空気を再度あぶることで上昇する。
  • 係留気球の場合は索をウインチ等で巻いたり緩めたりする。

ガス気球の場合は基本「物を捨てる」以外に操縦手段がなく、特に水素は爆発事故が忌避されるようになってからは高価なヘリウムを使わざるを得ず、係留気球や小型の使い捨て用途以外ではほとんど見られなくなった。
スポーツ用途では熱気球が圧倒的に多く、高度によって風向きが異なるのを利用して、ある程度方位を制御するテクニックも採られる。

長距離の移動を実現するためにガス気球と熱気球を複合させた「ロジェ気球」というタイプも存在する。

関連:飛行船


*1 ペイロードが少ないため、実用では無人の場合が多い。
*2 ラジオゾンデ等、小型・無人の使い捨て式が主流。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS