Last-modified: 2017-02-25 (土) 11:07:01 (32d)

【機内食】(きないしょく)

航空機の機内で食する事を念頭に置いて調理された食事。
通常は旅客機の乗客向けに配慮されたものを指し、軍用の戦闘糧食などは含まない。

乗客は私物の食品を機内で食べる場合があるが、これも機内食には含まれない。

乗客向けではあるが、乗員デッドヘッドも機内で食べるなら乗客と同じ機内食を摂るのが普通。
ただし、食中毒事故の懸念から機長副操縦士が同じメニューを摂る事は厳禁とされる*1
乗客も宗教・思想・信条・医療上の理由から食事に配慮が必要な事例が多いため、事前に申し込めば特別食も用意される。

通常は生鮮食品で、空港近辺の食品加工場でフライトの度に調理されて機内に積み込まれる。
乗客に提供される前に加熱調理を行うのが通例で、トレイにヒーターを仕込むか、機内のスチームオーブンが利用される。

国際航空運送協会(IATA)では、一定時間以上の飛行では要望に応じて機内食を提供しなければならないと定めている。
いつ提供するかは航空会社の裁量だが、近距離便では離陸後1時間以内、中長距離便では離陸後2時間以内がおおむねの目安。
長距離便では到着2時間前を目安に2回目の機内食を提供する場合が多い。

国内線や格安航空会社はIATAの監督下にないため機内食の規定がなく、提供されない場合や、機内食料金を別途に請求する場合が多い。


*1 また、食事を摂る時間もお互いにずらし、不慮の事態に対応できるようにするのが普通。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS