Last-modified: 2016-12-06 (火) 17:04:22 (139d)

【寄生戦闘機】(きせいせんとうき)

Parasite fighter.

かつて構想されていた戦闘機の運用形態。
爆撃機輸送機飛行船などの大型機に戦闘機を搭載し、哨戒時のみ分離して護衛を行うもの。

戦闘機航続距離を伸ばす方法の一案として研究されていた。
この運用思想の多くは黙殺・却下されたが、1950年代には空中給油として結実する事となる。

解決できなかった技術的課題

そもそも寄生戦闘機が考案されたのは、当時の戦闘機航続距離に劣っていたためである。
速度と燃費は常にトレードオフの関係であるため、敵に追いつく優速を持つ戦闘機は常に持続力に劣る。
一方で航続力を得るには燃料を多く搭載せねばならず、速度が犠牲になってしまう。
この矛盾は、戦闘機が最も必要とされる局面である攻勢対航空作戦において非常に重大な問題であった。

この矛盾を解決するための一策として、「空中に航空母艦を置く」という発想から生まれたのが寄生戦闘機であった。
しかし、この発想にはいくつかの根本的な問題点があった。

搭載母機への負担
大型航空機のペイロードの使い道として「戦闘機一機を丸ごと搭載する」のは通常、あまり合理的ではない。
戦闘機を載せられる余裕があるなら、同じ重量分の対空兵装を母機に設置する方が生存性が高まるだろう。
あるいは重量を空けて機体の運動性を高めた方が良いかもしれない。
戦闘機の重量
戦闘機の性能は、その重量と不可分な関係にある。
一般に軽い方が有利とされる速度でさえ、運動性を支える頑強な構造なくしては実現できない。
寄生戦闘機は母機に対応するための重量制限があるため、通常の戦闘機に比べて性能劣位を避けられなかった。
操縦難易度
「空中で母機から分離して発進し、事後に空中で母機に再接続される」という動作は極めて困難である。
熟練の操縦士でも衝突事故のリスクは回避しきれず、衝突事故による墜落のリスクは決して低くなかった。
また、この独特な操作を習得するには長期の機種転換訓練を必要とし、再編成はより困難なものになった。

こうした技術的問題を解決することができず、空中給油の実用化に伴って寄生戦闘機は廃れることになった。


トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS